お知らせ

【試合日程】永見千代乃・廣冨さくら 出場:2021年1月27日~30日 夢!きらリンク愛知国体 フィギュア少年女子 鳥取県代表

2021年1月27日(水)~30日(土)に愛知県名古屋市(日本ガイシアリーナ)にて開催される第76回国民体育大会冬季大会「夢!きらリンク愛知国体」スケート競技会 フィギュア少年女子 鳥取県代表として、米子北斗高校の永見千代乃選手・廣冨さくら選手が出場します。

フィギュアスケート鳥取県代表チームが予選を突破し、国体本戦に出場するのは、2016年の岩手冬季国体以来5大会ぶり、少年女子チームの国体本戦への出場は、2007年の群馬冬季国体以来、じつに14大会ぶり。

スケートリンクが無い県としての出場は、鳥取県が唯一となります。

国体本戦でも、2人が力を合わせ、笑顔でいつも通りの滑りをできることを期待しています。

また今大会には、NPO法人アイススポーツ鳥取の「鳥取県にスケートリンクをつくろう!」の活動を応援してくださっているオレンジチアーズ所属の木科雄登選手(関西大学)も田中刑事選手とともに成年男子岡山県代表として出場予定なので、是非頑張って欲しいと思います。

今国体は、国体チャンネルにてオンライン配信予定ですので、どうぞ応援を宜しくお願い致します。

■第76回国民体育大会冬季大会「夢!きらリンク愛知国体」
スケート競技会 フィギュア

開催日:2021年01月27日(水)~01月30日(土)
会場:日本ガイシアリーナ(愛知県名古屋市)

少年女子 鳥取県代表選手
選手:永見 千代乃(米子北斗高校)
選手:廣冨 さくら(米子北斗高校)

永見千代乃 選手

永見千代乃 選手

廣冨さくら選手

廣冨さくら選手

夢!きらリンク愛知国体 ホームページ
https://www.yume-kirarink2021.jp/

国体チャンネル フィギュア配信
https://japangamestv.japan-sports.or.jp/winter2021/Channel?ch=120192

【イベント情報】チームオレンジチアーズ出演:2021年1月30日~31日 浅田真央サンクスツアー島根公演(島根・鳥取県民限定)

チームオレンジチアーズの無良崇人氏、橋本誠也氏、川原星氏がキャストとして出演している浅田真央サンクスツアー大阪公演(門真市 東和薬品RACTABドーム)が2021年1月10日・11日に開催され、浅田真央サンクスツアー2021がスタートしました。

コロナ禍で開催されるか心配しておりましたが、浅田真央さんをはじめとしたキャストの皆様のSNSでの声や、会場に足を運ばれた方々の喜びの声を伝え聞き、無事に開催されたことを嬉しく思います。

次公演は、1月30日(土)~31日(日)に隣県の島根県・湖遊館スケートリンクにて開催される島根公演。

本公演は、島根県・鳥取県民限定での開催となっております。

一昨年前の浅田舞さん参加ツアーの最終公演から、2年ぶり2回目の開催となる島根公演。

今後の状況によっては来場を見送られる方もいらっしゃるかもしれませんが、会場に足を運ばれる皆様へは、ルールをお守りいただき、素敵な公演となるようご協力くださいますようお願いいたします。

■浅田真央サンクスツアー 島根公演

2021年1月30日(土)11:30 開演
2021年1月30日(土)16:00 開演
2021年1月31日(日)11:30 開演
2021年1月31日(日)16:00 開演

主催:TSK山陰中央テレビ
後援:出雲市、出雲市教育委員会

TSK山陰中央テレビ 島根公演紹介ページ
https://tsk-tv.com/event/detail.php?p=29922

日々変わるコロナ状況の変化に加え、各県市毎にイベント開催に関する基準も異なるため、開催の為にご尽力されている関係者の皆様のご苦労も大変なものかと思います。

広島公演の中止、千葉公演と埼玉公演の延期も発表されておりますが、4月千秋楽となる神奈川公演まで、浅田真央サンクスツアーのラストイヤーを有終の美で飾れるよう祈っております。

最新の開催情報は浅田真央サンクスツアーのホームページをご覧ください。

■浅田真央サンクスツアー2021スケジュール

・大阪:1月10日-11日 終了
・広島:中止
・島根:1月30日-31日(島根・鳥取県民限定)
・千葉:延期
・山梨:中止
・埼玉:延期
・岡山:中止
・北海道 釧路:中止
・愛知:3月20日-21日
・東京:4月2日-4日
・神奈川:4月12日-13日(千秋楽公演)
※2021年1月13日現在

キャスト

浅田 真央
林 渚
今井 遥
ガンスフ マラル エレデン
山本 まり
河内 理紗
マルティネス エルネスト
無良 崇人
橋本 誠也
川原 星
(敬称略)

浅田真央サンクスツアー ホームページ
https://maotour.jp/

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takahito Mura(@takahitobh5d)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sei Kawahara(@1217sei)がシェアした投稿

【メディア情報】無良崇人 協力・技術モデル:2021年2月1日発売 中野友加里監修 フィギュアスケート ジャンプ 完全レッスン 動画で技術と魅せ方に差がつく(コツがわかる本!)メイツ出版

2021年2月1日にメイツ出版より発売される中野友加里さん監修の単行本「フィギュアスケート ジャンプ 完全レッスン 動画で技術と魅せ方に差がつく (コツがわかる本!) 」に、動画・写真などの技術モデルとして無良崇人氏が協力出演しています。

ジャンプに特化したレッスン本というのも少ないと思います。

フィギュアスケート競技者やスケート愛好家向けではありますが、熱心なスケート観戦ファンの方にとっても、ジャンプへの理解を深める為の一冊としてご利用頂けるかと思います。

全国の書店・通販などで、どうぞお買い求めください。

フィギュアスケート ジャンプ 完全レッスン 動画で技術と魅せ方に差がつく (コツがわかる本!) 

監修:中野 友加里
協力・技術モデル:無良 崇人
価格:2,200円(税込)
出版社:メイツ出版
発売日:2021年2月1日
ISBN-10:4780424267
ISBN-13:978-4780424263

監修・中野友加里さんからのコメント

私自身、もともと得意だと思っていたジャンプが、
あるときからうまく跳べなくなり、
加点がつかずに悩んだ時期がありました。
いつの間にか悪い癖がついてしまい、
それが伸び悩む原因になっていたからです。

現役を引退した今、
あらためて基礎の重要性を実感しています。
だからこそ、これからジャンプを
学びはじめる人はもちろん、日本のトップを
目指す選手であっても基本がいかに大切かを
知って欲しいと思っています。

基本を身につければ
見栄えの美しさだけでなく
ジャンプの成功率も高まります。

ぜひ本書を参考にして
「お手本」のようなジャンプを
身につけてください。

中野 友加里

■主な目次

☆ PART1
ジャンプ上達の基本

〇基礎・基本の徹底
・ シングルで悪い癖はすべて修正する
・ 苦手意識を持たずに底上げを目指す
〇基本姿勢
・ 正しいカラダの姿勢を見直そう
〇スピードを上げやすい姿勢
・ 前後左右のスケーティング技術を見直そう
・・・など

☆ PART2
ジャンプ上達テクニック

〇ワルツジャンプ
・ 右足を振り上げて跳び空中で半回転する
・ 踏み切る際にトゥを回転させない
〇トゥループ
・ 左足のトゥをしっかりついてジャンプ
・ 後ろ向きで踏み切って回転する
〇サルコウ
・ 重心位置を意識しながら片足で跳ぶ
・ 右足に体重を乗せずに跳ぶ
・・・ など

☆ PART3
ジャンプを多彩に見せるステップ

〇細かく回転しながら素早く連続して行なおう
・ ツイズル
〇円形に軌道を描いてターンする
・ ブラケット
〇軌道に逆らわずカーブの方向にターンする
・ ロッカー
〇入りのカーブと逆方向にターンする
・ カウンター
〇足をクロスしてインサイドからアウトサイドへ
・ チョクトー
〇等間隔な楕円を描くように滑ろう
・ ループ
・・・など

☆ PART4
+評価を多くもらうためのテクニック

〇高さと距離
・ ジャンプ前にスピードを落とさない
〇踏切と着氷
・ ランディング姿勢を2秒保つ気持ちで
〇踏切から着氷まで力みがない
・ 肩と背中を落として力を抜く
〇ジャンプ・コンボではリズムを大切に
・ ポーン・ポーンと同じリズムで跳ぶ
・ 一つ目を跳んだ後に失速せず二つ目につなげる
・・・など

■著者について

監修者:中野 友加里

3 歳でフィギュアスケートと出会い、
伊藤みどり、トーニャ・ハーディングに次ぐ、
世界で3人目となるトリプルアクセルに成功。
スピンを得意とし「世界一のドーナツスピン」と
国際的にも高い評価を受けた。
2010年に競技生活を退いた後は
株式会社フジテレビジョンに入社。
現在は退社しスポーツコメンテーターや
講演活動等を行なっている。
主な実績に、2005年NHK杯優勝、
2007年冬季アジア大会優勝。
2005年GPファイナル3位、
2006年四大陸選手権2位、
2008年世界選手権4位などがある。

協力・技術モデル:無良 崇人

父・無良隆志氏とともに、
幼少期よりスケートの世界に足を踏み入れる。
3回転アクセルの高さと幅は世界でも屈指。
現役時代に日本フィギュアスケート界を
支えた功績は大きく、国内外を問わず
多くのスケーターから信頼を集めている。
引退後はスケーティングパフォーマンスユニット
「TEAM ORANGE CHEERS」の
一員として、プロスケーター・解説者として活躍中。
主な実績に、
GPシリーズスケートフランス・カナダ優勝、
四大陸選手権優勝 、
全日本選手権歴代最多13回連続出場などがある。

【メディア情報】チームオレンジチアーズ 出演 / 2021年1月3日 フジテレビ系列「ナイナイDAYS」浅田真央バク宙挑戦

2021年1月3日(日)14:30~16:00にフジテレビ系列にて放送された「ナイナイDAYS」にゲスト出演の浅田真央さんのコーナー「浅田真央バク宙挑戦」で、チームオレンジチアーズの無良崇人氏・橋本誠也氏・川原星氏がキャストとして出演している「浅田真央サンクスツアー」の練習模様が放送されました。

ナイナイDAYS
浅田真央バク宙挑戦

放送日時:2020年1月3日(日) 14:30~16:00
放送局:カンテレ / フジテレビ系 全国ネット

【競技結果】2020年12月12日(土)13日(日) 第76回国民体育大会冬季大会アイスホッケー競技会 中国ブロック予選

2020年12月12日(土)・13日(日)、島根県出雲市湖遊館にて第76回国民体育大会冬季大会 アイスホッケー競技会の中国ブロック予選が行われました。

成年男子鳥取県代表は、代表決定戦で広島県代表と対戦しましたが、4対7で敗れました。

続いての敗者復活戦で山口県代表と対戦しましたが、1対5で敗れ、残念ながら9年連続で本選出場を逃しました。

第76回国民体育大会冬季大会 アイスホッケー競技会 中国ブロック予選 成年男子

会場:島根県出雲市湖遊館

2020年12月12日(土)・13日(日)

・代表決定戦 鳥取県 4:7 広島県
・敗者復活戦 鳥取県 1:5 山口県

鳥取県スポーツ協会 大会結果 >>

鳥取県 成年男子チーム

監督:藤野 純一
1 GK:中原 亘
2 GK :籾山 智也(鳥取大学)
3 DF :野坂 達裕
4 DF :野坂 康二
5 DF :礒山 隆志
6 DF :長谷 佑哉
7 DF :稲垣 稔
8 DF :山坂 明
9 FW :鈴木 康介
10 FW :大西 孝司
11 FW :山根 義隆
12 FW :長谷 洋史
13 FW :名越 潤
14 FW :荘 英一郎
15 FW :竹田 敬悟
16 FW :山崎 亮太郎
17 FW :種田 淳志
18 FW :関 隆之
19 FW :藤谷 真生
20 FW :金川 温哉
21 FW :花坂 和樹(鳥取大学)
22 FW :赤艸 星哉(鳥取大学)
23 FW :村上 悠(鳥取大学)
24 FW :樫田 幸大(鳥取大学)
25 FW :吉成 要(鳥取大学)

県内にスケートリンクが無い中ではありますが、今年は鳥取大学ホッケー部の選手の出場登録が6名と、少しずつ若返りを図りつつある鳥取県ホッケーチーム。

コロナ禍で存分な練習環境とはなりませんでしたが、今年も見事に戦い抜きました。

本当にお疲れ様でした。

来年も、本選出場を目指して頑張って欲しいと思います。

+++++++++++++++

公益財団法人鳥取県スポーツ協会 Facebookより
https://www.facebook.com/tottorikentaikyo/posts/3641952105880662

第76回国民体育大会冬季大会中国ブロック大会アイスホッケー競技が12月12日(土)〜13日(日)島根県の宍道湖公園湖遊館で開催されました。鳥取県成年男子は12日(土)対広島4対7

13日(日)敗者復活戦 対山口1対5で負けました。残念ながらブロック大会敗退となり、本国体に出場できませんが、選手・監督や応援の方々、素晴らしい戦いを見せてくれました。

今回はコロナ禍ではありましたが、鳥取県が主催県で、鳥取県アイスホッケー連盟や関係者の方々のご尽力により、大会を開催することができました。感謝しかありません。来年に向けて、本国体出場目指して頑張りましょう。

May the Tottori power be with you!!

【競技結果】2020年11月20日(金)~22日(日) 第36回中四国学生アイスホッケー大会・トーナメント戦

2020年11月20日(金)~22日(日) にひろしんビックウェーブで中四国学生アイスホッケー大会・トーナメント戦があり、鳥取大学チームは1回戦で香川大学と対戦し、0-4で初戦敗退しました。

2020年11月20日(金)~22日(日)
広島県 ひろしんビックウェーブ

1回戦 鳥取大学 0-4 香川大学

【メディア情報】チームオレンジチアーズ 出演:2021年1月2日 TBS「ニンゲン観察モニタリング★綾瀬はるか&浅田真央 超豪華初夢お正月SP!」浅田真央がファンの一生のお願いを叶えるドリームモニタリング!

2021年1月2日(土)18時00分~21時00分にTBS系列にて放送される「ニンゲン観察モニタリング★綾瀬はるか&浅田真央 超豪華初夢お正月SP!」にて、チームオレンジチアーズの無良崇人氏・橋本誠也氏・川原星氏がキャストとして出演している「浅田真央サンクスツアー」の模様が放送されます。

どうぞご覧ください。

ニンゲン観察モニタリング★綾瀬はるか&浅田真央 超豪華初夢お正月SP!
浅田真央がファンの一生のお願いを叶えるドリームモニタリング!

放送日時:2021年1月2日(土)18時00分~21時00分
放送局:TBS系列

放送内容はコチラ >>

2021年もNPO法人アイススポーツ鳥取を宜しくお願い致します

明けましておめでとうございます。

昨年も本当に沢山の皆様にお世話になり、大変ありがとうございました。

2020年は、2月に岡山国際スケートリンクで開催された「Get in ice 氷上シェアミーティング」という新たな試みの氷上交流型イベントへの協力を皮切りに、様々な参加型イベントを企画していたのですが、突如の新型コロナウイルス流行・・・

計画が次々と白紙になってしまうという状況の中で、オレンジチアーズの皆様とZoomやYouTube、Instagramといったオンライン配信ツールを使った交流の場を設けることができたことは、私たちの今後の活動にとっても大きな収穫となりました。

全国各地から皆様に安心してご参加いただけるような氷上の場を設けるのはまだしばらく先になりそうですが、Get in iceに参加いただいた皆様が全国各地のスケートリンクで個人練習を積んでいらっしゃるという風の便りは、私たちにとっても大きな勇気となっています。

コロナ禍が明けた暁には、再び氷上で触れ合える場をご用意したいと考えておりますので、それまでお近くのスケートリンクで個人練習に励んでいただいたその成果を見られるのを楽しみにしています。

■鳥取県フィギュアスケート少年女子チーム 14年ぶりに国体本戦出場

また先月には、鳥取県フィギュアスケート少年女子チーム(永見千代乃選手・廣冨さくら選手)の国体本戦出場という吉報もありました。

鳥取県内からスケートリンクが無くなってから今年で15年目を迎えますが、少年女子チームの国体本戦出場は実に14年ぶりとなります。(成年女子チームは5大会前に出場)

現在の鳥取県スケート選手は、全員が鳥取県内にスケートリンクが無いという状況でスケートを始めた世代。

昨夏には、無良崇人インストラクターからのレッスンもありました。

長年遠方のリンクに通うという練習環境条件を跳ねのけての予選突破という快挙に、大きな感動を覚えました。

本戦となる冬季国体フィギュアスケート競技会は、2021年1月27日から愛知県名古屋市で開催されます。

どうぞ応援を宜しくお願い致します。

■オレンジチアーズの皆様に感謝

そして、今年はチームオレンジチアーズの無良崇人氏、橋本誠也氏、川原星氏がキャストとして出演している「浅田真央サンクスツアー」のラストイヤー。

浅田真央サンクスツアーの発表の場でもあった無良崇人氏の引退会見のことを思うと、今でも何とも言えない特別な感情が思い出されます。

千秋楽公演となる2021年4月12日(月)13日(火)の神奈川県・横浜公演まで、残り公演数もあと僅かとなりました。

1月30日(土)31日(日)には、湖遊館での島根公演も開催予定です。

今後コロナ禍が少しでも収束し、残り公演が無事に開催されること、そして素敵なツアーラストとなるようにと願っています。

私たちの「鳥取にスケートリンクをつくろう」のアンバサダーとしても就任してくださったチームオレンジチアーズの3人ですが、無良崇人氏は佐藤駿選手のジャンプコーチとして、川原星氏は神戸フィギュアスケートクラブで中野園子先生やグレアム充子先生の下、坂本花織選手や三原舞依選手など後進の指導コーチとして、橋本誠也氏はオンラインを使ったスケート普及の新しい形をと、各自ともに新たな道を切り開き始めた昨年。

現役・木科雄登選手のオレンジチアーズ加入もあり、昨年はオンライン配信でも色々と交流させていただきました。

今年も4人が益々活躍し、スケート界を盛り上げてくれることを楽しみにしていますので、応援を宜しくお願い致します。

また昨年末には、川原星氏の星散歩シリーズの第二弾がYouTubeに公開されておりますので、どうぞご覧ください。
https://youtu.be/88h4Pn7pLgk

■賛助会員の皆様

そして、当NPO法人アイススポーツ鳥取の活動を支えてくださっている賛助会員の皆様、昨年は思うように活動ができない状況下の中でしたが、多くの励ましをいただきありがとうございました。

コロナ禍の様々な状況を鑑み、今年の年賀状はメールで失礼させていただくことになりました。

今年もどのように活動するべきなのか、正直まだ見えてこないというのが実情ですが、オレンジチアーズの皆様と活動を共にしながら、コロナ終息後の活動を色々と企画できればと考えています。

また、延期となっている広報誌の発行につきましては、次号との合併号も考慮に企画を進めたいと考えておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

それでは今年も、NPO法人アイススポーツ鳥取を宜しくお願い致します。

皆様にとって、2021年が素敵な1年となりますように。

【メディア情報】無良崇人 解説記事:2020年12月28日 朝日新聞「4回転半の条件そろいすぎた羽生結弦 無良崇人さんの目」

2020年12月28日(日)の朝日新聞・フィギュア特集「Kiss and Cry」に、無良崇人氏の解説記事「4回転半の条件そろいすぎた羽生結弦 無良崇人さんの目」が掲載されました。

この記事は、朝日新聞デジタルでもお読みいただけます。

朝日新聞デジタル(有料記事)
https://www.asahi.com/articles/ASNDW75T1NDWUTQP01T.html

【メディア情報】無良崇人 解説記事:2020年12月26日・27日 スポーツ報知「無良崇人の目」

2020年12月26日(土)・27日(日)のスポーツ報知に、「全日本フィギュアスケート選手権2020」についての無良崇人氏の解説記事「無良崇人の目」が掲載されました。

2020年12月26日(土)
【無良崇人の目】羽生結弦は体の状態良すぎてジャンプ回りすぎた
https://hochi.news/articles/20201225-OHT1T50273.html

2020年12月27日(日)
【無良崇人の目】羽生、芸術面の5項目は10点に値する評価
https://hochi.news/articles/20201225-OHT1T50273.html

固定ページ:1234567...37»

最新記事