フィギュアスケート

【アイスショー:レポート】2018年12月15日・16日 無良崇人出演:浅田真央サンクスツアー島根公演 / 湖遊館

2018年12月15日(土)・16日(日)に、島根県出雲市にある湖遊館アイススケートリンクにて「浅田真央サンクスツアー島根公演」が開催されました。

公演初日の12月15日は冬晴れ。

朝から「湖遊館新駅駅」の小さな駅に降り立つ人・人・人・・・

朝の寒い中、早くから「真央ちゃんを観たい」と来場される方の列が並び、その様子をインタビューするテレビ局のカメラに、地元の方たちもソワソワしているのが分かります。

本来であれば、サンクスツアーは会場前にグッズ販売コーナーがあるのですが、島根公演は冬の寒さを考慮して、開場よりも早い10時15分から、会場内での販売が始まります。

サンクスツアーの初日であると同時に、「無良崇人 PHOTOBOOK MURA」の先行販売日でもあるこの日。

まさか浅田真央さんの写真集の隣に、無良崇人氏の写真集が並ぶ日がくるとは、1年前のこの時期には想像もしてみなかった事。

11時から無良氏が販売コーナーに現れるという事前情報を知っている方もいらっしゃり、早くから並んでいるファンの方の為に、専用列を設けていただけるという新書館のスタッフの方の計らいもあり、グッズ販売コーナーの進行をスムーズに進んでいます。

予定時間になると、ソワソワと前方に集まり携帯カメラを構える沢山の方々。

そしていよいよ無良氏の登場と同時に鳴り響く拍手とカメラのシャッター音。

そこで、早い段階で並んでいらっしゃった数名の方には、その場でサイン&握手というサプライズのお知らせにざわめく周りの方たち。

初めての写真集発売イベントに少し照れながら笑顔で応対する無良氏と、満面の笑みで全国初のサイン入りフォトブックを手にするファンの方々・・・

ショー前のほんのひと時でしたが、サンクスツアー2018 最後となる島根公演の、始まりの花火でも打ちあがったようなそんな気分でした。

その後の公演でも、数量限定でサイン入りフォトブックを販売したこと、最終公演まで好調に売れ続けたことを、新書館の方にお聞きしました。

感謝。

場内を入ったすぐの所には、先日12月13日に浅田真央さん、無良崇人氏などによるスケート教室を開催していただいた各クラブチームや連盟などからのお花も飾ってありました。

湖遊館は普段客席がないリンク。

前数列は、リンクの端の氷の上にシートを敷いて客席にしてある為、少し狭くなっているリンク。

本当に直ぐ近くで滑るという感じです。

いっぱいになった会場を見渡すと、アイスショーに慣れた感じのバナーやウチワを手にした方もいれば、小さなお子さんと一緒のご家族、学生、若いお友達同士から、男性、女性、おじいちゃん、おばあちゃんまで・・・素敵な笑顔がいっぱいです。

いよいよ12時になり、ショーがスタート!

おそらく人生初めてアイスショーを観るであろう会場の多くの方たちの前に現れたのは、紛れもなく今までずっとテレビ越しに応援してきた「真央ちゃん」の姿。

近くに来れば、前方席は話しかけられるほどの距離で、後方の席でも表情までしっかり観る事ができます。

すでに感動のあまり、涙ぐんでいる人の姿も・・・

次に、今回の島根公演でサンクスツアーからの卒業が伝えられていた「浅田 舞さん」の登場。

姉妹二人が並ぶと、より華やかに、より拍手も大きくなります。

そして、鳥取県スケート連盟所属の「無良 崇人氏」の登場で、また大きな拍手と共に、無良氏のタオルを掲げる人の姿も。

今回の島根公演に関する報道の中で、無良氏の紹介に「鳥取県スケート連盟に所属の」という説明が付くのは、この山陰発信のニュースの時。

「あ!テレビに出てた人!」という小さな子どもの声も聞こえてきて、私たちには、山陰両県に無良氏のことが認識されているという嬉しさもありました。

そして、林 渚さん、橋本 誠也氏、川原 星氏、ガンスフ マラル エレデンさん、マルティネス エルネスト氏、山本 まりさん、河内 理紗さん、全員が揃ったところで、会場に生まれる一体感。

現役時代の浅田真央さんが一人で演じてきたプログラムを、メンバー全員で代わるがわる演じ繋いでいくというのがサンクスツアーの構成。

演者が複数人いることや、男性スケーターとの掛け合い、スポットライトによる演出などで、現役時代の試合ではテレビで分かりにくかった「プログラムのストーリー性」や「一つ一つの振付の意味」、「視線をやるリンクのその先に何があるのか」などが、これほどに鮮明になるのかと驚くと同時に、あらためて浅田真央さんの現役時代のプログラムを見直したくなるという方たちの気持ちにも同感することができました。

そして新潟公演開始以降、サンクスツアーを観られた方たちの絶賛の声が、私たちの元にも聞こえてきていた、無良崇人氏演じるラフマニノフの「鐘」。

まるで無良氏の為につくられたプログラムなのかと見間違うほどの構成と振付。

男性の無良氏が演じる事で、その重厚さが増し、よりスケールの大きなものに感じます。

無良氏がジャンプを決める度に、「良し!良し!」と、また噛みしめるような緊張感の中での演技を観る事が出来たことが、今公演での私たちの最高の喜びでした。

そして浅田真央さんの切れのある一挙一動にざわめく会場の歓声が最も大きくなったのが、公演後半、ラフマニノフ ピアノ協奏曲での5連続ジャンプの瞬間。

その華麗に舞い飛ぶ姿は、現役時代からのファンの方にとっては、涙無しにみることができない幸せな時間だったと思います。

また、ショー全体を通してみて、団体演技での乱れぬ美しさに、その中心を担ってきた舞さんの占めるウェイトの大きさ、またきっとこれだけのショーを組み上げるまでに、どれだけ重要な役割を果たしてきたのかと思わされるのと同時に、公演終盤でサークルセンターに居る舞さんを見て、この島根公演は「浅田 舞サンクスツアー公演」でもあったのだと、あらためて感じました。

翌日、12月16日の最終公演は、最後に、メンバー、スタッフさん全員で、舞さんの卒業を祝う特別編成でのプログラム。

感極まってなかなか声にならない真央さんと、涙ながらもやりきったことへの清々しい表情の舞さん、その舞さんの姿は、来年に向けて真央さんの背中をもう一度押しているかのようにも見えました。

そして、会場にいた沢山のファンの方たちも一緒の記念撮影。

とても、特別な時間でした。

産経新聞「出雲で浅田真央サンクスツアー、1500人魅了 姉・舞さんも」>>

 

この山陰の地で「浅田真央サンクスツアー2018の最終公演が行われたこと」を、今回の公演を観られた方がこれから先の子どもたちにずっと伝え、このショーを観た子どもたちたちが、これをきっかけに、湖遊館でスケートを滑りたいと思ってくれれば、本当に嬉しく思います。

今回の島根公演には、鳥取だけでなく中国地方の選手、OB、そのご両親や親戚、先生やコーチ陣なども沢山観に来られていました。

4公演バラバラだったので、お会いできる方同士が限られていて残念でしたが、懐かしい顔を見かけては、昔ばなしに花を咲かせる、さながら同窓会のような時間が持てたのも、サンクスツアーのおかげだと思います。

そして、105日に無良崇人氏が鳥取に訪問した際にご招待させていただいた平井伸治鳥取県知事が、お忙しい中にも関わらず、ご夫妻と一緒に12月16日最終公演のショーを見に来てくださいました。

初めてのアイスショー観覧とのことで、とても感動していらっしゃいました。

帰りに、無良氏から出版されたばかりのサイン入りのフォトブックをプレゼント。

また実は、サンクスツアーキャストの川原 星氏も、選手時代に鳥取県スケート連盟の合宿に参加していたお一人。

その話題で、平井知事ともご挨拶し、新たな鳥取県とのスケートの懸け橋を、また一つかける事もできました。

左から 岩本鳥取県スケート連盟会長、川原 星氏、平井鳥取県知事

その後、12月16日の最終公演を一緒に観ていた鳥取県選手とも記念写真。

鳥取からリンクが無くなり、今では選手の数も少なくなりましたが、選手たちの笑顔を見ると、私たちNPO法人アイススポーツ鳥取も頑張らないとと思います。

そして、鳥取のスケートに関わっている子どもに向けて、平井知事に書いていただいた「植福」の文字。

鳥取のアイススポーツ環境は、今にも絶えてしまいそうな木ではありますが、未来に向けてもう一度、沢山の実がなり、そこに集まる沢山の人が幸せになれるよう、しっかりと再生していきたいと思います。

また、当日は、出来る限りスムーズにお送りする為に、一畑電車やバス、タクシーを始めとした交通機関の方々の陰ながらの努力も、素晴らしかったと伝え聞きました。

きっと他にも、素敵な出会いやおもてなしもあったのだと思います。

そんなことも含めて、やっぱり「感謝」の1年でした。

今回のサンクスツアーに関わってくださった多くの皆様、楽しい時間を本当にありがとうございました。

今回の模様は、12月17日(月)夕方の山陰中央テレビ「プライムニュース山陰」で放送されました。

また浅田真央サンクスツアー島根公演の特集番組が、12月30日(日)昼12時50分から山陰中央テレビにて放送されます。

■TSK特別番組 浅田真央サンクスツアー in 島根

放送日時 :2018年12月30日(日)昼12時50分から
放送局 :山陰中央テレビ
ホームページ :https://www.tsk-tv.com/

どうぞご覧ください。

【メディア情報】2018年12月16日(日)無良崇人 出演:S-PARK ちぃたん☆チャレンジ(フジテレビ)

2018年12月16日(日)放送のテレビ番組「S-PARK 」(フジテレビ系列)の「ちぃたん☆チャレンジ」に、無良崇人氏が先生として出演しました。

 

ここ最近の無良氏関連のTwitterの中でも、一般の方の話題性の高い記事。

サンクスツアー島根公演の会場、オレンジチアーズさんの周りでも、「ちぃたん☆チャレンジ」の話題で盛り上がっていました。

■S-PARK

日時 :2018年12月16日(日) 23:15~24:30(一部地域を除く)
放送 :フジテレビ系列局
番組ホームページ :https://www.fujitv.co.jp/s-park/

【メディア情報】2018年12月22日(土)無良崇人出演:全日本フィギュアスケート選手権2018 直前SP番組(フジテレビ)

2018年12月22日(土)に放送のテレビ番組「全日本フィギュアスケート選手権2018 今夜いよいよ男子開幕SP / 独占密着!髙橋大輔 現役復帰ドキュメント~Restart 2018 明日への道を探して~」にゲストとして出演します。

■全日本フィギュアスケート選手権2018 今夜いよいよ男子開幕SP
2018年12月22日(土)15時30分~16時30分

■独占密着!髙橋大輔 現役復帰ドキュメント~Restart 2018 明日への道を探して~
2018年12月22日(土)16時30分~17時30分

放送 :フジテレビ系列局

出演者

MC
三田友梨佳(フジテレビアナウンサー)
内田嶺衣奈(フジテレビアナウンサー)
宮司愛海(フジテレビアナウンサー)

ゲスト
村上佳菜子
無良崇人

番組情報ページ
https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2018/181214-i507.html

番組ホームページ
https://www.fujitv.co.jp/sports/skate/japan/index.html

【メディア情報】2018年12月21日(金)~25日(火)無良崇人出演:全日本フィギュアスケート選手権2018 エキシビジョン(フジテレビ)

2018年12月25日(火)に放送のフジテレビ系列のテレビ番組「全日本フィギュアスケート選手権2018 エキシビションで、初の解説として無良崇人氏が出演します。(完全版は12月29日にBSにて放送)

またその他、男子シングルの生中継、大会中の「S-PARK」フジテレビでのゲスト解説などにも出演します。

■全日本フィギュアスケート選手権2018

12月21日(金)
女子ショートプログラムLIVE
午後4時30分〜午後7時00分【BS&CSフジテレビONE】
午後7時00分~午後9時00分【地上波】

12月22日(土)
男子ショートプログラムLIVE
午後4時30分~午後7時00分【BS&CSフジテレビONE】
午後7時00分~午後9時00分【地上波】

12月23日(日)
女子フリーLIVE
午後5時00分~午後7時00分【BS&CSフジテレビONE】
午後7時00分~午後9時15分【地上波】

12月24日(月・祝)
男子フリーLIVE
午後5時00分~午後7時00分【BS&CSフジテレビONE】
午後7時00分~午後9時30分【地上波】

12月25日(火)
エキシビション
深夜0時25分~深夜1時25分【地上波】

12月29日(土)
エキシビション完全版
午後12時00分~午後1時55分【BS】

出演者情報

MC
加藤綾子・三田友梨佳 (フジテレビアナウンサー)

リポーター
内田嶺衣奈 (フジテレビアナウンサー)
宮司愛海 (フジテレビアナウンサー)

解説
【男女シングル】本田武史・荒川静香・小塚崇彦・村上佳菜子
【ペア】髙橋成美
【アイスダンス】宮本賢二
【エキシビション】無良崇人

実況
西岡孝洋 (フジテレビアナウンサー)
鈴木芳彦 (フジテレビアナウンサー)
中村光宏 (フジテレビアナウンサー)

番組ホームページ
https://www.fujitv.co.jp/sports/skate/japan/index.html

【スケート教室】2018年12月14日 日本海新聞「浅田真央さんが指導 出雲で無良さんとスケート教室」

2018年12月13日(木)に島根県出雲市入りした浅田真央サンクスツアーのキャストメンバーである無良崇人氏、そして浅田真央さんが、山陰両県のジュニア選手対象に、スケート教室を開いてくださいました。

この模様は、2018年12月14日(金)の日本海新聞、また同日夕方の山陰中央テレビのプライムニュース山陰で特集されました。

山陰のジュニア選手たちにとって、憧れのトップスケーターにレッスンがしてもらえるという滅多にない機会に、目を輝かせながら興奮する姿がとても印象的で、サンクスツアーが山陰にもやって来たことを実感しました。

当日には、無良隆志インストラクター、鳥取からも三島加奈子インストラクター、斎藤司先生も参加。

実演レッスンでは、無良崇人氏のイーグルからのアクセルジャンプ、浅田真央さんの連続片足ステップなど、間近で見て覚えることで、大いに刺激にもなったと思います。

サンクスツアー本番を前に、山陰のジュニア選手にとっては、夢のようなひと時。

浅田真央サンクスツアー島根公演本番はいよいよ明日から、2018年12月15日(土)、16日(日)の2日間の開催です。

【アイスショー】2018年12月15日・16日 浅田真央サンクスツアー島根公演 / 無良崇人 PHOTOBOOK MURA 先行発売

2018年12月15日(土)・16日(日)に島根県湖遊館アイススケートリンクにて開催される「浅田真央サンクスツアー島根公演」。

12月13日より、浅田真央サンクスツアーのキャストメンバーも島根入りし、湖遊館もいよいよ会場準備開始です。

TSK山陰中央テレビ主催の本公演は、浅田真央さん、無良崇人氏、主催者様の計らいで、先行予約枠も「島根・鳥取県民優先」。

やはり島根公演もチケット抽選倍率は高かったようですが、山陰両県のスケートファンの皆様、全国各地の当NPOの会員の皆様からも、「無事にチケット入手できました!」と喜びのご連絡をいただいております。

そんな中、島根公演にご来場の皆様にとって、サプライズなお知らせが届きました。

■サンクスツアー島根公演会場にて「無良崇人 PHOTOBOOK MURA」先行発売決定!

出版元の新書館・フィギュアスケート専門誌「ワールド・フィギュアスケート(WFS)」編集部様 Twitterより

2018年12月13日20時に表紙画像の公開と同時に、2018年12月15日・16日に島根県湖遊館で開催される浅田真央サンクスツアー島根公演の会場での先行販売が発表されました。

2014年から鳥取県の選手として応援していただいた山陰の皆様に、無良氏から感謝を込めたサプライズ☆

12月15日(土)11時頃より、ショー前ですので短時間ですが、無良崇人氏本人も販売コーナーに立つ予定ですので、購入ご希望の方は、是非お早めにお求めください。

【2018年12月14日15時30分 追記訂正】
※リハーサルなどの状況により、開始時間が前後する可能性もございますので、どうぞご了承ください。

■鳥取県知事 平井伸治氏、12月16日(日)16時30分 開始公演に来場

鳥取県のホームページの平井知事の日程カレンダーに「フィギュアスケート無良崇人さんほか出演の「浅田真央サンクスツアー」(16時30分~宍道湖公園 湖遊館(出雲市園町))」と発表されました。

これは、10月5日に、無良崇人氏が鳥取県の平井知事を表敬訪問された際に、2014年から鳥取の選手として応援していただいたお礼として、無良氏から浅田真央サンクスツアー島根公演へご招待させていただいたもの。

10月5日当日県庁を訪問した際には、エールの言葉が書かれた大きな幕を飾ってお出迎え頂き、鳥取県庁職員の皆様からも盛大な拍手。また夜に開かれた激励会では、平井知事より祝辞の伝言とサプライズのプレゼントを頂くという細やかなお心遣いもいただきました。

2018年最終公演。多くのファンの皆様と一緒に、素敵なひとときを楽しんで頂ければ、嬉しく思います。

鳥取県幹部週間日程 2018年12月10日の週の予定 >>

■浅田真央サンクスツアーご来場のお客様へ ~ 会場アクセスのご案内

湖遊館周辺駐車場は、数に限りがございます。

ご来場には私鉄(一畑電鉄)、JR、飛行機といった公共交通機関をご利用下さい。

また当日は臨時駐車場(東部工業団地内)より湖遊館までの無料シャトルバスを運行致します。

交通アクセス、無料シャトルバスについての詳細はコチラ >>

混雑・渋滞が予想されますので、早めのご移動をお勧めいたします。

また、湖遊館近隣には、コンビニ等ございませんので、事前に近隣施設を調べてからご来場いただくことをお勧めします。

遠方より来場の皆様、道中どうぞお気をつけください。

それでは、皆様にとって素敵な2日間となりますように。

【競技結果】第74回国民体育大会冬季大会フィギュア競技予選会 / 2018年12月8日~9日

2018年12月8日(土)~9日(日)に、京都府京都市の京都アクアリーナでにて、第74回国民体育大会冬季大会フィギュア競技予選会が開催され、鳥取県からは成年女子チーム、少年女子チームが出場しました。

フィギュアスケート(シングル)は、普段であれば個人の戦いですが、国体の時だけは、鳥取県の看板を背負ったチーム戦。

齋藤選手以外の、三村選手、永見選手、廣冨選手は、初めての国体予選への出場です。

鳥取県の団服を纏い、「鳥取県」の選手としてコールされる中、いつもとは違った緊張の中でリンクに挑んだ各選手。

結果、鳥取県は、成年女子チームが都道府県順位9位、少年女子チームが都道府県順位10位となり、残念ながら国体本選への進出への県別順位7位以内には惜しくも届きませんでしたが、今年は久々に成年女子、少年女子の2チームが予選に出場できた事、そして両チームとも本選出場まであと一歩という健闘に、大きな拍手を送りたいと思います。

会場で温かい応援をいただいた皆様、本当にありがとうございました。

第74回 国民体育大会冬季大会フィギュア競技予選会

開催期間 : 2018年12月08日(土) ~ 2017年12月09日(日)
会  場 : 京都府京都市・京都アクアリーナ
主催:公益財団法人日本スケート連盟
主管:京都府スケート連盟
共催:公益財団法人日本スポーツ協会

鳥取県選手団

成年女子 監督:齋藤 司
成年女子 選手:齋藤 舞
成年女子 選手:三村 優希

少年女子 監督:須嵜 功典
少年女子 選手:永見 千代乃
少年女子 選手:廣冨 さくら

コーチ:無良 隆志
トレーナー:岡本 哲彦
鳥取県スケート連盟会長:岩本 章嗣

鳥取県体育協会 専務理事:後藤 裕明
鳥取県地域振興部スポーツ課 課長:小西 慎太郎
鳥取県体育協会:井戸垣 賢
鳥取県体育協会:伊藤 勇悟
(敬称略)

■ 成年女子 / 県別順位 9位

14位:齋藤 舞(高知大学)/ 69.75

鳥取のエース、斎藤選手。スピン全てにおいて最高難度レベル4を獲得、また、渾身のコレオシークエンスで出来映えで、高いプラス評価をもらい、スケーティング技術と、インタープリテーションの高さが光る演技でした。回転不足ながらもトリプルトウジャンプを決め、流れをつくることができました。

20位:三村 優希(大阪経済大学)/ 62.48

鳥取チームとして国体予選初出場。長身を活かしたダイナミックな演技が魅力の三村選手。トリプルサルコージャンプがシングルとなってしまいましたが、その他のジャンプを全て決め、安定した演技をみせました。パーフェクトな演技で、さらに上の順位が期待されます。

順位 都道府県名 個人順位計内訳 競技得点
1 滋賀 6 ( 2 / 4 ) 24.00
2 岡山 8 ( 3 / 5 ) 21.00
3 兵庫 10 ( 1 / 9 ) 18.00
4 茨城 17 ( 6 / 11 ) 15.00
5 長野 23 ( 10 / 13 ) 12.00
6 広島 26 ( 8 / 18 ) 9.00
7 岐阜 28 ( 7 / 21 ) 6.00
8 埼玉 33 ( 16 / 17 ) 3.00
9 鳥取 34 ( 14 / 20 )
10 栃木 37 ( 15 / 22 )
11 香川 40 ( 12 / 28 )
12 岩手 44 ( 19 / 25 )
13 群馬 47 ( 23 / 24 )
14 宮城 53 ( 26 / 27 )

■少年女子 / 県別順位 10位

14位:永見 千代乃(米子北斗高等学校 / やくもFSC)/ 65.19点

高いスケート技術で切れのよい滑りの永見選手。ジャンプの失敗が惜しまれるものの、スピンの回転も速く、見応えがある演技をみせました。次のインターハイに向けて、課題の克服と、好成績を期待したいと思います。

23位:廣冨 さくら(米子北斗中学校 / やくもFSC)/ 58.95点

今回の鳥取県チーム最年少となる米子北斗中学校の廣冨選手。バーレスクの曲に乗り、しっかりと踊るスケーティングで持ち味を発揮。ダブルアクセルも回転不足ながら2本降り、完成度の高い演技をみせた今大会。これからの成長が楽しみです。

順位 都道府県名 個人順位計内訳 競技得点
1 神奈川 10 ( 2 / 8 ) 24.00
2 広島 10 ( 4 / 6 ) 21.00
3 宮城 14 ( 3 / 11 ) 18.00
4 茨城 17 ( 5 / 12 ) 15.00
5 岡山 20 ( 1 / 19 ) 12.00
6 山梨 35 ( 10 / 25 ) 9.00
7 栃木 36 ( 7 / 29 ) 6.00
8 滋賀 36 ( 9 / 27 ) 3.00
9 岐阜 37 ( 16 / 21 )
10 鳥取 40 ( 17 / 23 )
11 島根 42 ( 18 / 24 )
12 熊本 46 ( 15 / 31 )
13 埼玉 47 ( 14 / 33 )
14 長野 48 ( 13 / 35 )
15 静岡 48 ( 20 / 28 )
16 新潟 48 ( 22 / 26 )
17 群馬 67 ( 30 / 37 )
18 富山 70 ( 32 / 38 )
19 岩手 70 ( 34 / 36 )

鳥取県スケート連盟 Facebookより

12月8〜9日に京都市のアクアアリーナにて、フィギュア国体予選会が開催されました。

予選会参加県のうち、唯一リンクの無い県としての参加でしたが、残念ながら、少年、成年ともあと一歩のところで予選通過とはなりませんでした。
来年こそ予選通過を目指します!

◆成年女子 都道府県順位9位(参加14県中)
14位 齋藤 舞(高知大学) 69.75
20位 三村 優希(大阪経済大学) 62.48

◆少年女子 都道府県順位10位(参加19県中)
17位 永見 千代乃(米子北斗高) 65.19
23位 廣冨 さくら(米子北斗中) 58.95

※成年、少年とも上位7県が冬季国体本戦へ進出

なお、冬季国体は、平成31年1月29日から2月2日まで、北海道釧路市で開催されます。

2018年12月12日 日本海新聞

【メディア情報】2018年12月1日 無良崇人出演:“ありがとう”を届けたい「浅田真央 アイスショーへの思い」(NHK総合)

2018/12/01   //   メディア・動画, 無良崇人

2018年12月1日(土)午後4時10分~25分間、NHK総合(全国版)で放送される “ありがとう”を届けたい「~浅田真央 アイスショーへの思い~」に、浅田真央サンクスツアーにキャストとして参加している無良崇人氏が出演します。

いよいよ2週間後に迫ってきた、浅田真央サンクスツアー島根・湖遊館公演(12月15日~16日)

そんな島根公演を前に、浅田真央さんが今回サンクスツアーを始めるに至った意味を知る上で、とても良い内容の番組が放送されます。

この番組は、2018年11月9日(金)に中部7県(石川・富山・福井・静岡・三重・岐阜・愛知)のNHKでローカル放送されたものですが、こうして島根公演の直前に全国NHK総合で放送されることになったのは、本当に嬉しいことです。

インタビュー中心の番組なので、キャストと一緒に氷上で滑るシーンはあまりありませんが、その分、浅田真央さんがサンクスツアーに込めた想いを、しっかりと聞くことができます。

偶然にも、放送直後の同日12月1日(土)夕方6時より、BS朝日でも浅田真央さんの「ザ・インタビュー」が放送されます。

2つの番組を事前に視聴することで、無良崇人氏がサンクスツアー参加を決断した意味、そしてお互いがフィギュアスケート競技人生を引退した次の道しるべに「感謝」という言葉を選んだ意味、そんな浅田真央さんの気持ちを解釈しながら歴代プログラムを演じる無良氏の姿、そういうことを重ねてみると、今回のサンクスツアーが違って観えてくるかもしれません。

是非ご覧頂けたらと思います。

“ありがとう”を届けたい「~浅田真央 アイスショーへの思い~」

初 2018年12月1日(土) 午後4時10分(25分) NHK総合
再 2018年12月8日(土) 午前1時10分(25分) NHK総合

【出演】浅田真央
【アナウンサー】船岡久嗣
【ナレーション】田中逸人

【番組内容】

浅田真央さんが自らプロデュースしているアイスショー。10月に行われた相模原公演に密着。前日のリハーサルやショーの舞台裏にもカメラをいれ、浅田さんとメンバーたちの姿を追う。去年4月の引退発表から、もう一度氷上へと向かわせたものとは何か。アイスショーを通じ、何を伝えようとしているのか。ショーの会場で浅田さんにロングインタビュー。このツアーにかける思いを聞く。

番組紹介ページはコチラ >>

【メディア情報】2018年12月1日 無良崇人出演:ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~ 浅田真央(BS朝日)

2018/12/01   //   メディア・動画, 無良崇人

2018年12月1日(土)午後6:00~6:55に、BS朝日で放送される「ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~ 浅田真央」に、浅田真央サンクスツアーにキャストとして参加している無良崇人氏が出演します。

いよいよ2週間後に迫ってきた、浅田真央サンクスツアー島根・湖遊館公演

そんな島根公演を前に、浅田真央さんが今回サンクスツアーを始めるに至った意味を知る上で、とても良い内容の番組が放送されます。

偶然にも、放送直前の同日12月1日(土)夕方4時より、NHK総合でも“ありがとう”を届けたい「~浅田真央 アイスショーへの思い~」が放送されます。

2つの番組を事前に視聴することで、無良崇人氏がサンクスツアー参加を決断した意味、そしてお互いがフィギュアスケート競技人生を引退した次の道しるべに「感謝」という言葉を選んだ意味、そんな浅田真央さんの気持ちを解釈しながら歴代プログラムを演じる無良氏の姿、そういうことを重ねてみると、今回のサンクスツアーが違って観えてくるかもしれません。

是非ご覧頂けたらと思います。

ザ・インタビュー~トップランナーの肖像~ 浅田真央(フィギュアスケーター)

放送 :2018年12月1日(土)午後6:00~6:55

ゲスト×インタビュアー
浅田真央(フィギュアスケーター)× 小松靖(テレビ朝日アナウンサー)

【番組内容】

1990年9月26日、愛知県名古屋市生まれ。母の勧めで、3歳からクラシックバレエを習い始め、ふたつ年上の姉・舞と共にバレエ教室に通う。5歳のとき、フィギュアスケートと出合い、バレエよりもスケートを選んだ。そのワケとは。

2005年、ジュニアグランプリファイナルに出場し、15歳で初優勝。2010年、19歳の時、初めてのオリンピックに挑む。すでに浅田は、優勝候補の筆頭だった。その舞台で、トリプルアクセルをショートとフリーで3回成功させ、オリンピック史上初の偉業を成し遂げた。しかし、結果は惜しくも銀メダル。その舞台裏を教えてくれた。

4年後のソチオリンピックで雪辱を果たすべく、過酷な練習の日々が始まる。そんな浅田に思わぬ悲しい出来事が…。支え続けてくれた母・匡子さんが48歳の若さで他界してしまったのだ。そんな状況の中で、ソチオリンピックに臨んだが、個人戦ショートプログラムは、まさかの16位。翌日のフリーをどのような思いで迎えたのか? 声援を受け始まったフリーの演技は、見る者すべての心を震わせた。自己最高得点を叩き出し、総合6位で終わった、浅田のソチ。今も記憶に残る「奇跡のフリー4分間」を今、浅田が自ら振り返る。

さらに、プレッシャーと闘い、己と闘い続けた日々。もう限界と感じた“現役引退への想い”。そして、いま踏み出した「第二の人生」。28歳…浅田真央の胸の内に迫る。

この放送回は4Kで制作しています。
「BS朝日4Kチャンネル」では4K映像でご覧頂けます。

番組紹介ページはこちら >>

【イベント】無良崇人 / 2019年1月4日(金)「艦これ」新春鎮守府JAZZ祭り2019 in 日本武道館 無良提督 出陣

2018/11/30   //   お知らせ, 無良崇人

2019年1月4日(金)に日本武道館にて開催の「艦これ」新春鎮守府JAZZ祭り2019 in 日本武道館に、無良提督 (無良崇人氏)が再び出陣します。

以下、「艦これ」開発/運営 公式Twitterより
https://twitter.com/KanColle_STAFF/status/1068319014651215872

「艦これ」新春鎮守府JAZZ祭り2019 in 日本武道館

主催 :「艦これ」新春鎮守府JAZZ祭り実行委員会
企画 :C2機関 / C2プレパラート(「艦これ」運営鎮守府)
協力 :角川アーキテクチャ

【日時】
2019年1月4日(金)

開場 12:00 開演 13:30
開場 17:00 開演 18:30

【会場】
日本武道館

【料金】
指定席 :8,800円(税込)

【出演者】
演奏 :「艦これ」公式JAZZバンド1YB (Big Band編成)
スペシャルボーカルゲスト :龍玄とし(Toshl)
ご挨拶 :無良提督 (無良崇人)
ダンス :「艦これ」公式ダンス艦隊2YB
総合MC :藤田咲 鎮守府秋刀魚祭り四人衆 他

チケット販売・公演詳細はこちら
https://ticket.rakuten.co.jp/music/jazz/RTIKAAC

「艦これ」鎮守府“氷”祭り in 幕張特設泊地 -氷上の観艦式- が開催されたのが、2018年7月14日~15日。

「艦これ」鎮守府氷祭り、異なる業種のエンターテインメントとの融合というアイスショーとしても初めての試みであったことから、私たちもどのようになるのか全く想像もできませんでしたが、イベント開始から瞬く間に現地の情報がインターネット上に溢れ、「無良提督」という存在を理解するまでに時間はかかりませんでした。

多くの艦これファンの皆様が無良崇人氏を「無良提督」として迎え入れてくださったこと、また多くの方がそれにとどまらず、フィギュアスケートというものに対して興味を持ってくださったこと。

無良崇人氏の新しいチャレンジの成功が目に見て分かる様で、私たちも喜んでいた矢先、次は、私たちNPO法人アイススポーツ鳥取に「艦これ鎮守府氷祭りに感動しました。無良崇人氏を応援したいので。」という理由での賛助会員申込みが次々と入るようになり・・・

そこからはすべてが想定外の事ばかりでした。

入会申込みに添えられた鳥取のスケートに対する温かいメッセージもあり、このような地方の小さな活動に賛同してくださった方々には、感謝しかありません。

そして、2019年1月4日(金)開催予定の「艦これ」新春鎮守府JAZZ祭り2019 in 日本武道館。

ファンの皆様の期待に応え、再び「無良提督」の出陣が決まりました。

スペシャルゲストの龍玄とし氏(X JAPANのToshI氏)の名前にも驚きですが、きっとメインのJAZZバンドも素晴らしい方々だと想像されます。

今回は無良提督は「ご挨拶」という表記になっていますが、どのような演出での登場となるのか、発表後に早速「無良提督」がTwitterのトレンドワードの1位になった事からも、注目の高さを感じます。

運営スタッフの皆様、出演される皆様、イベントの成功を願っています。

ページ:«123456789...21»

最新記事