お知らせ

【お知らせ】フィギュアスケート無良崇人選手 現役引退 ~ プロ転向へ

2018/03/17   //   お知らせ, 無良崇人

2018年3 月16 日をもって、鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が、24年間のフィギュアスケート選手生活にピリオドを打ち、プロフィギュアスケーターへの転向することとなりました。

無良選手は、選手としての登録は終えますが、今後も鳥取県スケート連盟の登録、洋菓子のヒロタ所属のプロスケーターとして活動を継続することとなります。

今まで、応援いただいた皆様、そしてご支援・ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。

今後とも、応援をどうぞ宜しくお願い致します。

鳥取県スケート連盟では、応援していただいた皆様へ感謝を込めて、ささやかなプレゼントを企画していますので、是非楽しみにお待ちください。(当ホームページにて近日発表)

鳥取県スケート連盟では、無良選手引退と新しい門出を記念して、また今まで応援していただいた皆様へ感謝を込めて、「無良崇人クリアファイル」をプレゼント致します。(2018年4月25日まで)

無良崇人選手 現役引退発表
(2018年3月17日 日本海新聞)

2014年に、鳥取県出身の父である無良隆志コーチと平昌オリンピックを目指すべく、鳥取県スケート連盟の登録選手となった無良崇人選手。

この4年間、グランプリシリーズ、四大陸選手権での優勝をはじめ、国際大会、全日本選手権などで多くのメダルを獲得し、最後の試合となった2017年末の全日本選手権では、惜しくもオリンピック代表には選考されませんでしたが、無良選手らしさ溢れる素晴らしい演技は、これからの未来が大きく開かれることを予感させるような、そんな充実感さえ感じました。

そして今回の、浅田真央さん、浅田舞さん姉妹と共に始める「浅田真央サンクスツアー ~感謝を届けるアイスショー~」の発表記者会見という華々しい場での引退発表。

プロフィギュアスケーターとしての新しい門出という、多くの方に祝福される最高の形での引退会見となりました。

只今、2018年5月3日より全国10か所を周る「浅田真央サンクスツアー ~感謝を届けるアイスショー~」を始め、幼少期から共に過ごしてきた浅田真央さんと共に、スケート界の発展と貢献のための大きなプロジェクトの準備を進めております。

鳥取県スケート連盟、NPO法人アイススポーツ鳥取も、プロフィギュアスケーター無良崇人の活動を応援するとともに、これからもスケートの普及活動で協力していきたいと思います。

■ 無良崇人 twitter より

いつも応援していただいている皆様。本日会見にて発表させていただきましたが、本日をもちまして現役を引退することを決意いたしました。

スケートを始めて24年間、沢山の方々に支えていただき、ここまで続けて来ることが出来ました。
これからはプロの名に恥じないスケーターを目指し、恩返しをして行きたいと思っています。 これからも末永く応援していけただけたら幸いです。
また新たな無良崇人をこれからもよろしくお願い致します。

無良崇人 twitter >>

■ 引退記者会見での一問一答(デイリースポーツより抜粋)

-引退決断の経緯。

「(平昌五輪の代表を逃し)正直、気持ちとしてはあそこで終わるつもりだった。選考から漏れた時点で、(引退の)思いもあった。ただ、補欠ということで練習は続けていました。僕の中で(羽生)結弦がショートを滑り終わった時点で、自分の役目は終わったと思った」

-(続けて、平昌五輪について言及)

「男子も女子もいい滑りをしていた。純粋に彼(羽生)の成し遂げたことは僕らがやろうとしていることにもプラスになる。(同じ氷の競技で)カーリングもいい影響を与えてくれる。冬のスポーツが次のオリンピックに向けていい影響を与えて行けたら」

-現役生活で、思い出の演技。

「僕の中では札幌でやった全日本選手権で3番になり、高橋大輔さんと表彰台に立てのは思い出。また最後の全日本、シーズン序盤から調子は良くなかったが、自分の中で最後にいい締めくくりができた」

-今後は。

「コーチの部分は勉強が必要。アシスタントとしてスケート教室に入ったりしなければいけない。今は存分に楽しみながらショーもできるので、いろんなことに挑戦したい」

-現役生活を振り返り。

「最後の一歩で悔しい思いをしたのは事実。先輩後輩に支えてやってこられた。みんながいたから続けてこられた。(浅田)真央も小学校から一緒にやってきたが、神がかった存在になった。でも仲間がいたからここまで来られたし、そういう環境に感謝したい」

-父でコーチの隆志さんへの思いは。

「『明日会見してくるよ』と伝えたが、感謝しかありません。『今までありがとう』と言いたい。支えがあったからこそ、ここまで来られました」

【競技結果】第35回 中国新聞社杯 中四国学生アイスホッケー大会・リーグ戦

2018年2月28日(水)~3月3日(土) に島根県湖遊館、3月13日(水)~3月16日(日) に岡山県岡山国際スケートリンクにて、第34回 中国新聞社杯 中四国学生アイスホッケー大会・リーグ戦が開催され、鳥取大学アイスホッケー部が出場しました。

(写真:鳥取大学 : 島根大学)

■前半戦

2018年2月28日(水)~3月3日(土)
島根県湖遊館

2018年2月28日 鳥取大学 0:1 広島修道大学

2018年3月2日  鳥取大学 0:5 岡山大学

2018年3月3日  鳥取大学 1:1 島根大学

■後半戦

2018年3月13日(水)~3月16日(金)
岡山国際スケートリンク

2018年3月13日 鳥取大学 2:4 山口大学

2018年3月15日 鳥取大学 0:13 香川大学

2018年3月16日 鳥取大学 0:8 愛媛大学

■結果

鳥取大学 7位(7大学中)

【競技結果】湖遊館杯争奪アイスホッケーリーグ戦 / 2018年3月9日

2017年11月9日(木)~2018年3月9日(金)まで、湖遊館杯争奪アイスホッケーリーグ戦が行われ、米子クラブが3位、鳥取大学が5位となりました。

湖遊館杯争奪リーグ戦

■開催場所
・島根県出雲市 宍道湖公園 湖遊館アイススケートリンク

■参加チーム:
米子クラブ(鳥取県選抜)
マックス(島根県選抜)
ホワイトウィングス(島根県一般)
鳥取大学
島根大学

試合結果

2017年11月9日(木) 米子クラブ 9:1 鳥取大学

2018年1月27日(土) 鳥取大学 0:5 ホワイトウィングス

2018年2月22日(木) 鳥取大学 0:10 マックス

2018年2月23日(金) 米子クラブ 1:13 マックス

2018年2月24日(土) 鳥取大学 0:4 島根大学

2018年2月25日(日) 米子クラブ 1:1 島根大学

2018年3月9日(金) 米子クラブ 3:7 ホワイトウィングス

全日程終了

第3位:米子クラブ
第5位(最下位):鳥取大学

【競技結果】齋藤 舞 1位:第38回国公立大学フリースケーティング競技会

2018年03月01日~04日に第38回・国公立フィギュア競技会が開催され、鳥取県の齋藤舞選手(高知大学)が優勝しました。

齋藤舞選手は、国公立フィギュア競技会3連覇(4年前は準優勝)となり、大学4年間を大変輝かしい成績で収めました。

第38回・国公立フィギュア競技会

2018年3月1日(木)~4日(日) /  日本ガイシ スポーツプラザ ガイシアリーナ(愛知県名古屋市)

【選手権クラス 女子】

1位 齋藤 舞 / 61.43点

平昌冬季オリンピックが日本過去最多メダル獲得で閉幕

2018年2月9日~2月25日までの17日間、韓国平昌で行われた冬季オリンピックが閉幕しました。

今大会では、日本選手は自国開催の長野オリンピックを超えて、過去最多となるメダルを獲得!

プレッシャーにも負けずに素晴らしい結果を出したメダリストの方々の活躍はもちろんですが、オリンピックの舞台にはそれぞれの選手が歩んできた4年間のドラマがあると思うと、涙なくしては見る事ができないシーンも沢山ありました。

メダル獲得や入賞された選手だけでなく、感動を与えて下さった世界の全選手に大きな拍手を送りたいと思います。

アイススポーツ全般がここまで大きく報道されるのは、4年に1度のオリンピックの時だけなのかもしれませんが、様々な競技の選手の頑張りもあり、ここ近年はTVや新聞でも取り扱われる事も多くなり、アイススポーツ競技も国民に広く認知され始めてきました。

しかし、スケートを始めとしたアイススポーツは、競技人口に比べて、日本国内にあるスケートリンクが少ないのが現状です。

今オリンピックでも、練習環境に恵まれず、苦労された選手も多かったと思います。

そんな環境を打開すべく、平昌五輪メダリストたちが文部科学省に林芳正文科相を訪問して帰国報告を行った際、スケートリンク増設や練習環境の要望を出しました。

フィギュアスケートの羽生結弦選手は「(日本は)フィギュア人口が多い中でリンクが少ない。各地でスケートをやりたいと思う人が少しでもできる施設が欲しい」と、リンクの増設など競技環境の整備を要望。スピードスケート・パシュートの高木菜那選手は氷上で滑ることができない夏場の練習を想定し「ローラースケートができる場所が少ない」と施設の必要性を訴えたそうです。

「小さな街でも夢は叶えられる」とコツコツと頑張り続けた女子カーリングチームは、地元に大きな夢を咲かせました。

きっと今大会、多くの選手の活躍が、地元の人々に大きな夢と感動を与えたと思います。

その夢を将来につなぐ、次なる子どもたちの希望にも変わったと思います。

そして、鳥取でスケートリンク建設を訴える私たちにも、大きな勇気となりました。

これをきっかけに、鳥取でも一人でも多くの方が、「アイススケートを始めたい!鳥取にもスケートリンクが欲しい!」と思っていただければと思います。

【競技結果】スケートヒロシマ2018

2018年02月23日~25日にスケートヒロシマ2018が開催され、鳥取県の齋藤 舞選手(高知大学)、永見千代乃選手 (米子北斗中)、廣冨さくら選手(米子北斗中)が出場しました。

スケートヒロシマ2018

2018年02月23日~25日
ひろしんビックウェーブ

【選手権女子】
7位 齋藤 舞(高知大学)
SP 7位 FS 6位  101.64点

【Jr選手権 女子】
18位 永見千代乃(やくもFSC / 米子北斗中)
SP 10位 FS 20位  93.41点

23位 廣富さくら(やくもFSC / 米子北斗中)
SP 22位 FS 23位  86.44点

【競技結果】第49回「竹田杯争奪」中四国アイスホッケー選手権大会

第49回竹田杯争奪 中四国アイスホッケー選手権大会が、2月17日(土)に開催されました。

・会場:ヘルスピア倉敷アイスアリーナ
・2月17日(土)

■1回戦
米子クラブ 0:1 倉敷Iceサイファー

■敗者復活戦
米子クラブ 1:6 愛媛アイスホッケークラブ

■結果
米子クラブ 5位(5チーム中)

【イベント情報2月9日~26日】NHK鳥取放送局主催:平昌五輪パブリックビューイング

NHK鳥取放送局で、2018年2月9日から韓国で開催される「ピョンチャンオリンピック」の模様を8K・4Kで生中継と録画放送でのパブリックビューイングイベントが開催されます。

注目のフィギュア、スピード、カーリング、アイスホッケーなどのアイススポーツを始め、スキー、スノーボードなどのウインタースポーツが、ハイビジョンの16倍の超高精細の8K映像と、22.2チャンネルの立体音響で、あたかも会場にいるかのような高臨場感で選手たちの熱戦をお楽しみいただけます。

鳥取ではなかなかないスケート関連のイベントですので、お近くの方は、オリンピック会場にいるような臨場感を是非味わってみてください。

オリンピックの日本代表選手の皆さん、是非頑張ってください。

■開催日時

2018年2月9日(金)~2月26日(月)
[原則]午前9時50分~午後7時

※25日(日)は、午前9時20分から開始。26日(月)は、午後6時終了。
※開始・終了時間は予告無く変更になる場合があります。
また都合により、公開を中断する時間帯を設ける場合があります。
※上記の期間以外では、土日祝を除く【午前10時から午後6時まで】で、紀行・音楽・ドラマなどがお楽しみいただけます。

■会場

NHK鳥取放送局 1階スーパーハイビジョンシアター(鳥取市寺町100番地)
※駐車場は限りがあります。できるだけ公共交通機関をご利用ください。
※観覧スペースに限りがあるため、混雑時には入場を制限させていただく場合があります。あらかじめご了承ください。

■内容

◆入場無料(事前のお申し込みは必要ありません)
◆フィギュアスケート、スノーボード、アイスホッケー、カーリングなど一部の競技を8Kと4Kで生中継します。
その他、開会式・閉会式をはじめ、スピードスケート、スキージャンプなど一部の競技も、8K・4K(録画)でお楽しみいただけます。
◆詳しい放送時間については、NHKのホームページなどでご確認ください。

■お問い合わせ

NHK鳥取放送局
電話 0857-29-9200(土日祝除く 午前9時30分~午後6時)

【競技結果】第38回全国中学校スケート大会 永見千代乃選手

2018年02月04日~02月07日に長野県ビッグハット(長野市若里)にて第37回全国中学校スケート大会が開催。

鳥取県からは、フィギュアスケート競技 女子に米子北斗中の永見千代乃選手が出場しました。

第38回全国中学校スケート大会

2018年02月03日~02月06日 / ビッグハット(長野市若里)
フィギュアスケート競技 女子

永見 千代乃(米子北斗中学)32.81点
予選 女子ショートB 36位(フリー進出ならず)/ 最終結果 64位(87人中)

第38回全国中学校スケート大会

【メディア情報】BSSテレビ「テレポート山陰」永見千代乃選手特集 2018年1月31日

2018年2月4日~6日に長野県で開催される「第38回全国中学校スケート競技会 フィギュアスケート部門」に出場が決まっている永見千代乃選手(米子北斗中)が、2018年1月31日のBSS山陰放送テレビのニュース番組「テレポート山陰」に特集されました。

永見選手が通う米子北斗中学校での学生生活、周りの友人や先生などのインタビュー、放課後に毎日母親と島根県出雲市の湖遊館アイススケートリンクまで通う様子、奥岩加奈子コーチとの練習風景まで、永見選手の1日に密着という濃い内容の特集。

3年連続出場となる全国中学校スケート競技会では「ノーミスでジャンプやスピンに加点がつくように自己ベストを更新したい」という目標を掲げる永見選手。

将来は「鳥取県にはリンクが無いので、出来た時に、子どもたちにスケートを教えるのが夢」と、鳥取のスケートの未来もしっかりと見据えています。

こうした次世代の選手の為にも、早く鳥取にスケートリンクができてほしいと思います。

ページ:«1234567...21»