フィギュアスケート

【試合結果】第30回OHK杯争奪フィギュアスケート大会

2018年11月17日(土)・18日(日)、『第30回OHK杯争奪フィギュアスケート大会』が、香川県トレスタ白山スポーツセンターアイスアリーナで開催されました。

鳥取県からは8・7級選手権競技 女子に斎藤 舞選手(高知大学)が出場し、2位となりました。

第30回OHK杯争奪フィギュアスケート大会

開催日: 2018年11月17日(土)・2018年11月18日(日)
会場:トレスタ白山スポーツセンターアイスアリーナ

主催:香川県スケート連盟
主管:香川県スケート連盟
後援:香川県教育委員会・香川県体育協会・三木町教育委員会・OHK岡山放送・四国新聞社
協力:株式会社フォトクリエイト(記録写真)

8・7級選手権競技 女子

2位 斎藤 舞 (高知大学)
SP 3位 FS 2位 113.53点

ショートプログラムでは、3回転トゥループで転倒し、3位と出遅れましたが、フリーでは、課題の3回転トゥループを決め、逆転2位に入りました。

【競技結果】第35回西日本ジュニア選手権大会

「第35回西日本ジュニア選手権大会」が、2018年11月01日~04日に、愛知県名古屋市の日本ガイシアリーナで開催され、鳥取県からはジュニア女子に永見千代乃選手(米子北斗高校 / やくもFSC)が出場しました。

第35回西日本ジュニア選手権大会

◇女子
31位 永見千代乃(米子北斗高校 / やくもFSC)36.17(SP 31位)

結果はSP 31位と、残念ながらFSに進出できませんでしたが、鳥取県選手としては、久々となる西日本ジュニア選手権への出場となりました。

着実に次のステップへと昇っている永見選手は、国体予選会(2018年12月8日9日 京都府)、インターハイ(2019年1月24日~27日 愛知県)へと出場予定。

健闘を祈ります。

競技結果の詳細はコチラ >>

また、昨年の鳥取県スケート競技選手権大会にオープン参加の木科雄登選手(岡山・金光学園)が、ジュニア男子で4位 187.50(SP 1位 / FS 4位)となり、全日本ジュニア選手権大会への進出が決まりました。

そして、今大会のジュニア男子では、鳥取県スケート連盟の須嵜功典氏が技術専門審判のアシスタントテクニカルスペシャリストとしても参加しました。

【イベント】無良崇人出演:2018年11月25日 大阪あべのハルカス近鉄本店 シュタイフ展トークショー

2018/10/28   //   無良崇人

2018年11月25日(日)に大阪市のあべのハルカス近鉄本店にて開催される「シュタイフ展 ~優しさをあなたへ~」 のトークショーのスペシャルゲストとして無良崇人氏が参加いたします。

シュタイフとの出会いから、プロフィギュアスケーターとしての今後の想いを語ります。

■開催日時:2018年11月25日(日) 13:00~ / 15:00~
■場所:あべのハルカス近鉄本店 ウィング館2階イベントスペース(ウエルカムガレリア横)

あべのハルカス「シュタイフ展」の詳細は、シュタイフの公式サイトをご覧ください。
http://www.steiff.co.jp/news/event.html

※各イベントは、時間等急遽変更となる場合や中止となる場合がございます。予めご了承ください。

【競技結果】第39回 鳥取県スケート競技選手権大会 / 鳥取県中学総体 / 鳥取県高校総体

2018年10月20日(土)に島根県の宍道湖公園 湖遊館スケートリンクにて、以下の大会が同日開催されました。

第39回 鳥取県スケート競技選手権大会 フィギュア競技の部
(兼 第74回 国民体育大会冬季大会スケート競技会鳥取選考会)
第44回 鳥取県中学校冬季総合体育大会(スケートの部)
第19回 鳥取県高等学校総合体育大会フィギュアスケート競技会

■日時:
2018年10月20日(土)
■場所:
宍道湖公園 湖遊館スケートリンク

第39回 鳥取県スケート競技選手権大会
兼 第74回 国民体育大会冬季大会スケート競技会鳥取選考会
フィギュア競技

選手権クラス女子
1位 齋藤 舞(高知大学) FS 82.68点
2位 三村 優希(大阪経済大学) FS 67.14点

棄権 佐々木和音(鳥取県スケート連盟)
棄権 山路 幸奈(米子クラブ)

Jr.選手権クラス女子
1位 永見千代乃(米子北斗高等学校 / やくもFSC) FS 71.65点
2位 廣冨さくら(米子北斗中学校 / やくもFSC) FS 50.43点

■主催:
鳥取県教育委員会・(公財)鳥取県体育協会
鳥取県スケート連盟
■主管:
鳥取市スケート連盟
■後援:
鳥取市教育委員会・米子市教育委員会
鳥取市体育協会・米子市体育協会
新日本海新聞社

第44回 鳥取県中学校冬季総合体育大会(スケートの部)

Jr選手権 女子
1位 廣冨さくら(米子北斗中学校) SP 33.59点

1級 女子
1位 磯貝咲文(湊山中学校) SP13.35

無級 女子
1位 山中貴和子(湊山中学校) SP4.50

■主催:
鳥取県中学校体育連盟
■共催:
鳥取県スケート連盟
■主管:
鳥取県中学校体育連盟スケート専門部
■後援:
鳥取県教育委員会・(公財)鳥取県体育協会

第19回 鳥取県高等学校総合体育大会フィギュアスケート競技会

Jr選手権 女子
1位 永見千代乃(米子北斗高等学校) SP 40.42点

■主催:
鳥取県高等学校体育連盟
■主管:
鳥取県スケート連盟

2018年10月30日 日本海新聞

全国大会出場選手

各選手とも今後につながる良い大会となりました。

今大会結果にて、全国大会の出場選手は以下の通りに決定しました。

国体予選会(2018年12月8日9日 京都府)

成年女子
齋藤 舞 選手(高知大学)
三村 優希 選手(大阪経済大学)
佐々木和音 選手(鳥取県スケート連盟)

少年女子
永見千代乃 選手(米子北斗高等学校)
廣富さくら 選手(米子北斗中学校)

インターハイ(2019年1月24日~27日 愛知県)
永見千代乃 選手(米子北斗高等学校)

全国中学校スケート大会(2019年2月1日~5日 長野県)
廣富さくら 選手(米子北斗中学校)

健闘を祈ります。

また、ご協力いただきました関係者の皆様、ありがとうございました。

【無良崇人氏からのメッセージ】町田 樹氏 フィギュアスケーター引退

町田 樹 OFFICIAL WEB SITEより転載
(以下、続きあり)
フィギュアスケーター引退のご報告(全文) >>
応援して下さる皆さまへ >>

町田 樹氏が、2018年10月6日にさいたま市内で行われたフィギュアスケート3地域対抗戦「ジャパン・オープン」と、アイスショー「カーニバル・オン・アイス」での演技をもって、フィギュアスケーターを引退されました。

そして無良崇人氏から、町田 樹氏引退へのメッセージをいただいたので、ここに掲載します。

無良 崇人氏からのメッセージ

子どもの頃から、松戸のダイエー、鳥取の合宿で一緒に練習をしたり、ジュニア、シニアでもずっと一緒に試合をしてきて、気が付けばいつも一緒にいる仲間という感じだったので、彼が滑る姿を観られなくなるのは、本当に寂しく思います。

全日本選手権では、抜いたり抜かれたりと、本当に色々な思い出がありますが、いつも彼は色々と新しいことをしてくるので、「次のプログラムでは何をやってくるんだろう?」というのが楽しみでもありました。

でも、きっと彼の事だから、また違った形でスケートに関わってくれると、これからの活動にも期待しています。

本当に長い間、お疲れ様でした。

無良 崇人

町田 樹氏の「フィギュアスケーター引退のご報告 」のスペシャルサンクスに並んでいる「日本海リッチランドアイススケートリンク 様」の文字。

鳥取市には、2006年1月15日まで「日本海リッチランド アイススケートリンク」というリンクがありました。

不思議な流れなのですが、ちょうど前日の2018年10月5日に鳥取に来訪していた無良崇人氏、無良隆志先生も、その「日本海リッチランド」の運営母体であった新日本海新聞社へご挨拶に伺いました。

日本海新聞 LINEニュース記事 >>

現役時代に日本海新聞で応援頂いたことへの御礼や、昔のリッチランドの話に花を咲かせながら、色々なことを思い出す中で、無良氏と共に鳥取で話題に上るのは、やはり町田 樹氏の話。

当時鳥取県スケート連盟がお世話になっていた秦 安曇先生の元へ、いつも日本海リッチランドに練習に来ていたのが、お母様が鳥取県倉吉市出身である町田 樹選手。

選手たちが練習している傍らで、同伴者である家族や関係者もまた長い空き時間を共に過ごし、絆が深まっていくのは、きっとどの競技でも同じだと思いますが、私たちもまた町田家と共に過ごし、現役時代に一緒に応援させて頂いたのは良い思い出でもあります。

選手現役時代は、日本海新聞を始めとした鳥取のメディアや鳥取県も、町田選手と無良選手を共に応援し、中でも町田氏のお祖父様が暮らす地元倉吉市は市役所を先頭に、多くの人が町田選手を応援しました。

鳥取県内のリンクが無くなり、県内で育つスケート選手がどんどんと減っていく中、お二人の活躍は、鳥取県内のスケート界にとって大きな支えであり、鳥取のスケートファンにとっても自然な存在でした。

鳥取県スケート連盟の事務所には、様々なスケート選手のサインが保管してありますが、実はその中には町田 樹氏のサインは保管されていません。

これは、無良崇人氏のサインも同じでした。

仲間内でもらうのが気恥ずかしかったのもあるかもしれませんが、それよりもお二人が鳥取にとっては特別な存在ではなく、いつでも一緒に居られるという安心の証だったのかもしれません。

鳥取にスケートリンクをつくり、お二人に滑ってもらうという夢に間に合わなかった事が残念ですが、これからまた違った形で、町田氏と夢を共有できる時が来るのを楽しみにしています。

町田 樹氏とご家族の皆様、本当に長い間、お疲れ様でした。

これからのご活躍を期待しています。

※当時の「日本海リッチランド アイススケートリンク」の活動を紹介するウェブサイトは、非公式のメモリアル版という形で、今も当時のまま残されています。

日本海リッチランド アイススケートリンク メモリアルサイト >>

※冒頭の挨拶文は、町田 樹氏のホームページより転載しております。
(町田氏側に転載許可をお願いしております。)

【ご報告】無良崇人氏 2018年10月5日 鳥取県庁・鳥取市役所を表敬訪問

2018年10月5日、無良崇人氏と父の無良隆志先生が、鳥取に来訪されました。

当初は、10月6日に鳥取市のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク(鳥取県立布勢総合運動公園)にて開催予定の、日本海テレビ開局60周年記念イベント『60祭』内の「JAL presents スポーツ能力測定会 in 鳥取」へのゲスト参加する予定だったのですが、台風25号の接近で中止となってしまった為、残念ながら急遽10月5日のみの滞在へと予定変更。

1日のみの滞在でしたが、鳥取県の平井知事、鳥取市の深澤市長、新日本海新聞社、日本海テレビなどを表敬訪問し、関係各所に、選手時代の応援の御礼とプロ転向の挨拶、12月15日・16日の浅田真央サンクスツアー島根公演開催の報告などを行うことができました。

以下、スタートの鳥取空港から、鳥取県庁と鳥取市役所、新日本海新聞社、日本海テレビへの訪問、そして激励会の写真です。


鳥取砂丘コナン空港に到着


鳥取県庁を表敬訪問・平井知事にご挨拶


鳥取市役所を表敬訪問・深澤市長にご挨拶


左から、NPO法人アイススポーツ鳥取 藤野純一 理事長、鳥取大学 本名俊正 教授、鳥取市議会 上杉栄一 議員、鳥取県スケート連盟 岩本章嗣 会長、無良崇人氏、無良隆志氏、深沢義彦 鳥取市長。


鳥取県体育協会へも伺い、中永廣樹 会長に現役時代に応援していただいたお礼と、プロ転向のご挨拶を伝えました。


いつも大きな見出しで試合記事を掲載してくださっていた日本海新聞社の吉岡 徹 代表取締役社長に、現役時代のお礼とご挨拶。早速翌日には、訪問の模様を特集記事として掲載して頂きました。


日本海テレビ開局60周年記念イベント60祭の中止は残念でありましたが、日本海テレビの真鍋和彦 代表取締役社長、本城 浩 専務取締役ともゆっくりとお話をさせて頂く事ができました。


その夜には、スケート関係者、県・市スポーツ関係者が集まって、無良崇人氏 激励会が開催されました。急遽開催だった為、近隣関係者のみのお声掛けになってしまったのですが、参加頂いた皆様、ありがとうございました。


鳥取県地域振興部スポーツ課 小西慎太郎 課長より祝辞を頂きました。平井知事からも伝言、プレゼントを頂くという、細やかなお心遣い。エールの言葉が入った後ろの垂れ幕も鳥取県からご用意されたものです。


鳥取県体育協会の植田司郎 事務局長に祝辞挨拶をして頂いた際には、無良氏の最近の活躍や、車好きの面にも触られるなど、会場を盛り上げて頂きました。


次世代の鳥取の選手からも、今までの感謝とプロ転向後の活躍を祝い、花束の贈呈。


浅田真央サンクスツアー島根公演の主催者である山陰中央テレビからは、プライムニュース山陰の気象予報士としてもおなじみの藤谷裕介記者に出席いただきました。藤谷記者には、NPOアイススポーツ鳥取主催のスケート教室の取材でもお世話になりました。

この日は、サンクスツアー島根公演の山陰両県先行抽選チケット申し込み開始の当日ということで、鳥取の関係者を前に、山陰で今年最後となるサンクスツアー開催という大きなプレゼントを持ってきてくれた形となりました。

スケートリンクが無い鳥取県内では、現在も鳥取の選手は、毎日県外の遠方のリンクに練習に通い、鳥取大会でさえも県外での開催になる為、こうして、スケート関係者が鳥取県内で集まれる機会というのは、ほとんどありません。

そんな中、プロ転向後も鳥取のアイススケート普及と発展の為に、力となってくれている無良崇人氏の活躍が、鳥取のスケート関係者の心が繋がる大きな力となっているのは、言うまでもありません。

今回の無良崇人氏と無良隆志氏の鳥取訪問は、「スケートリンクを鳥取に」という気持ちを再確認する、大切な1日となりました。

10月5日の鳥取県庁訪問の模様は、10月5日のBSS山陰放送のテレポート山陰のニュースで放送、また10月6日の日本海新聞の記事などへも掲載されました。


2018年10月6日 日本海新聞

日本海新聞 LINEニュース >>

■浅田真央サンクスツアー島根:宍道湖公園 湖遊館

鳥取県民の皆様も優先先行の対象ですので、是非ご応募ください。

開催日時:
2018年12月15日(土)①12:00開演 / ②16:30開演
2018年12月16日(日)①12:00開演 / ②16:30開演

島根・鳥取県民優先一次先行
2018年10月5日(金) 18:00〜 発売開始

浅田真央サンクスツアー島根の詳細はコチラ >>

【アイスショー】浅田真央サンクスツアー 島根:宍道湖公園 湖遊館 2018年12月15日(土)・16日(日)

鳥取県スケート連盟登録の無良崇人氏が参加している「浅田真央サンクスツアー」、2018年12月15日(土)・16日(日)に島根の湖遊館での追加開催が発表されました!

TSK山陰中央テレビ主催の本公演は、先行予約枠も「島根・鳥取県民優先」となっております。

鳥取のスケート選手もお世話になっている湖遊館での開催、当NPO主催の夏のスケート教室を取材してくださってきた山陰中央テレビ主催とあり、私たちも本当に喜ばしく思っています。

無良崇人氏の引退会見の場でもあり、プロスケーターのキャリアスタートの場ともなった、浅田真央さん・舞さん姉妹とともにおこなった「浅田真央サンクスツアー」の発表会見から、約半年。

5月の新潟公演スタート以降、浅田真央サンクスツアーは各地で大きな感動を呼んでおり、浅田真央さんのかつてのプログラムを無良崇人氏が演じている「鐘」での評判とともに、無良崇人氏の活躍も大きな話題となっています。

なかなかアイスショーを観ることができない山陰でのこの貴重な機会。

チケットは抽選とはなりますが、是非「浅田真央サンクスツアー」の感動を体験していただきたいと思います。

浅田真央サンクスツアー 公式サイト >>

浅田真央サンクスツアー 島根:宍道湖公園 湖遊館

会場:
宍道湖公園 湖遊館
島根県出雲市園町 1660番地1
https://www.koyukan.net/

主催:TSK 山陰中央テレビ

山陰中央テレビ 浅田真央サンクスツアー ページ >>

開催日時:
2018年12月15日(土)①12:00開演 / ②16:30開演
2018年12月16日(日)①12:00開演 / ②16:30開演

公演時間:約80分を予定(休憩なし)

料金(税込み):
SS席(リンクサイド1列目) 7,500円
S席(リンクサイド2列目以降) 6,500円
A席(スタンド席) 5,000円

■車いす席お問い合わせ先:
山陰中央テレビ事業部:0852-31-0111(平日9:30~18:00)
※車椅子席は直接お問い合わせください。

★4歳以上はチケットが必要です。(3歳以下は1席につきお一人まで膝上鑑賞可です。)
★3歳以下のお子様でもお座席が必要な場合はチケットをお求めください。

島根・鳥取県民優先一次先行
抽選エントリー受付日程
2018年10月5日(金)18:00 ~ 10月14日(日)23:59

島根・鳥取県民優先二次先行
抽選エントリー受付日程
2018年10月19日(金)18:00 ~ 10月28日(日)23:59

ローソンチケット会員先行
2018年11月1日(木) 18:00 〜 11月4日(日)23:59

ローソンチケット

一般発売
2018年11月10日(土) 10:00〜

注意事項

・出演スケーターへのプレゼントはご遠慮ください。お手紙のみ会場にて受付いたします。
・演出の妨げとなりますので、リンクへの花束・プレゼントの投げ入れ、手渡しは固くお断りいたします。
・会場へのプレゼント・お花等のお届けもご遠慮ください。
・演技中、お座席でのご飲食やご移動はご遠慮ください。
・場内での写真撮影・録画・録音・携帯電話のご使用は固くお断りいたします。
・場内は冷えますので、防寒できる服装やカイロを持参する事をお勧めいたします。
・場内は禁煙です。(所定の喫煙所にて)
・本公演チケットの営利目的による転売は固くお断りします。営利目的での転売が発覚したチケットは無効とし、入場をお断りします。

お問い合わせ

■チケットの問合せ
ローソンチケット
電話でのお問い合わせ:0570-000-732 (10:00~20:00)
メールでのお問い合わせ:yoyaku-no-info@lhe.lawson.co.jp

■本公演の問合せ
TSK事業部
電話でのお問い合わせ:0852-20-8888 (平日 9:30~18:00)

++++++++++++++++++

御礼

2018年5月3日(木)新潟公演でスタート以降、NPO法人アイススポーツ鳥取にも大変な反響をいただき嬉しく思っています。

浅田真央サンクスツアーをきっかけに、プロスケーター無良崇人氏の活動にも興味を持っていただいたことで、私たちNPO法人アイススポーツ鳥取の活動に賛同してくださった方もいらっしゃり、浅田姉妹・無良氏たちの届けている「感謝」が、素敵な形で多くの方の心に響いていることを実感しています。

私たちも、浅田真央さん、浅田舞さん、そしてキャストの皆様、そしてそれを支えているスタッフや関係者、すべての方々に感謝をするとともに、様々な地域から鳥取に届けられた温かい支援を、また次の多くの方の笑顔に繋げていきたいと思います。

【競技結果】2018 中四国九州フィギュアスケート選手権大会

「中四国九州フィギュアスケート選手権」が、9月21日~24日まで、香川県木田郡のトレスタ白山アイスアリーナで開催され、鳥取県からは、シニア女子に齋藤舞選手(高知大学)とジュニア女子に永見千代乃選手(米子北斗高校 / やくもFSC)が出場しました。

ジュニア女子では、永見選手がショートプログラム10位から、フリーではほぼノーミスの演技で4位、総合でも4位となり、西日本選手権大会への進出が決まりました!

シニア女子の齋藤選手はショート9位から、フリー6位で順位を上げ、総合7位と健闘しましたが、惜しくも西日本選手権出場となる6枠にわずかに届きませんでした。

西日本選手権は、2018年11月1日~4日まで、愛知県名古屋市の日本ガイシアリーナで開催されます。

2018 中四国九州フィギュアスケート選手権大会

◇シニア女子
7位 齋藤 舞(高知大)120.61(SP 9位 / FS 6位)

◇ジュニア女子
4位 永見 千代乃(米子北斗高 / やくもFSC)125.19(SP 10位 / FS 4位)

競技結果の詳細はコチラ >>


2018年9月29日 日本海新聞

また昨年の鳥取県スケート競技選手権大会にオープン参加の木科雄登選手(岡山・金光学園)が、ジュニア男子で1位 178.94(SP 1位 / FS 1位)となり、西日本ジュニア選手権大会への進出が決まりました。

【イベント】無良崇人出演:2018年10月8日 大丸神戸店 FUN+WALK スペシャルトークセッション

2018/09/24   //   無良崇人

2018年10月8日(月)に、大丸神戸店にて開催される「~スポーツ庁が推進する官民連携プロジェクトに賛同~ FUN+WALK PROJECT × DAIMARU MATSUZAKAYA スペシャルトークセッション」に無良崇人氏が出演します。

FUN+WALK スペシャルトークセッション

■開催日時:2018年10月8日(月・祝)午後3時~

■場所:大丸神戸店 1階メインステージ前(〒650-0036 兵庫県神戸市中央区播磨町20-1)

■内容:
華々しい活躍でファンを魅了した、あの人気アスリートが登場。トークMCにアスリートと親交が深いしげるちゃんをお迎えし、FUN+WALKをテーマにしたお話はもちろん、現在や今後の活動など、さまざまなトークを引き出していただきます。

■トークMC:しげるちゃん
商品プロデューサー。スポーツ選手のPR/マネージメント業務に携わり、出版物のプロデュース等でもヒット作品を手掛ける。人気モデル、サッカー選手など、著名人との親交も深い。

詳細は DAIMARU MATSUZAKAYA × FUN+WALK PROJECT ウェブサイトにて >>

【メディア情報】2018年9月22日 無良崇人出演:フィギペディア2018 グランプリシリーズ開幕直前スペシャル

2018/09/19   //   メディア・動画, 無良崇人

2018年9月22日(土)12:00~よりテレ朝チャンネル(ch2)で放送される「フィギペディア2018」に、無良崇人氏が出演します。

フィギュアスケートレジェンドプログラム(CS テレ朝チャンネル ch2)

放送日時:2018年9月22日(土)ひる0:00~

番組内容

フィギュアスケートの魅力を、独自の視点で考察する「フィギペディア」。

今回は、10月20日(土)に開幕するグランプリシリーズを前に、「グランプリシリーズ開幕直前SP」と題し、鈴木明子、無良崇人、小塚崇彦の座談会を敢行!ルール改正の影響やGPシリーズのみどころなどについて徹底トークを繰り広げた。

3人のトークに加え、羽生結弦、宇野昌磨、宮原知子、ザキトワなど、スケート界を牽引する選手たちの五輪後の様子をVTRを交えてたっぷりとお届けします!

ページ:«123456789...19»

最新記事