無良崇人

【競技結果】無良崇人 7位 :フィギュアスケート:四大陸選手権2015・男子

2015年2月12日~14日に、フィギュアスケート:四大陸選手権2015が、韓国・ソウルで開催され、鳥取県スケート連盟所属で前回優勝の無良崇人選手(HIROTA)が出場。

SPでは得点84.88点(技術点45.77点、演技構成点39.11点)で4位スタートとなった無良崇人選手。

巻き返しを期待されましたが、FS得点150.87点(技術点72.37点、演技構成点78.50点)の合計235.75点で、残念ながら7位に終わりました。

PL 選手名 国名 SP FS Points
1. デニス・テン カザフスタン 1 1 289.46
2. ジョシュア・ファリス アメリカ 5 2 260.01
3. ハン・ヤン 中国 3 4 259.47
4. 村上 大介 日本 6 3 256.47
5. 宇野 昌磨 日本 2 5 256.45
6. ジェイソン・ブラウン アメリカ 9 6 243.21
7. 無良 崇人 日本 4 7 235.75
8. ミーシャ・ジー ウズベキスタン 7 9 226.20

■メディア情報

20150215-nihonaki
日本海新聞 2015年2月15日

20150213-nihonaki
日本海新聞 2015年2月13日

20150212-nihonaki
日本海新聞 2015年2月12日

2014年12月28日 TSKスーパーニュース拡大版「山陰から全国へ!そして世界へ!」/ 無良崇人特集

2014年12月28日に放送されたTSKスーパーニュース拡大版「山陰から全国へ!そして世界へ!」(山陰中央テレビ)で、無良崇人選手(鳥取県スケート連盟)が特集されました。

2014年の無良選手の活躍や、鳥取のスケートリンク建設検討の動き、鳥取県平井知事訪問、高橋大輔さんからのメッセージ、2015年に向けての無良選手の抱負など、2014年の鳥取県アイススケート界の動きもまとめられています。

無良崇人選手の最新情報はFacebook応援ページへ >>

町田樹選手が現役引退 ~ 無良崇人選手 世界選手権代表に選出

町田 樹選手(24・関大)が2014年12月28日、全日本選手権終了後の世界選手権代表発表の場で、現役引退を表明されました。

これにより、3月23日より中国・上海で開催される世界フィギュアスケート選手権大会の代表入りを辞退した町田選手に代わって、無良崇人選手(HIROTA・鳥取県スケート連盟)が羽生結弦選手、小塚崇彦選手と共に世界選手権代表として選出されました。

また、無良崇人選手は2月9日より韓国・ソウルで開催される四大陸フィギュアスケート選手権大会にも、村上大介選手、宇野昌磨選手と共に選出されました。

20141229-nihonkai

町田 樹選手は鳥取県と縁が深く、鳥取県のメディアでもソチオリンピック出場やGPシリーズ優勝など多く取り上げられ、鳥取県内ファンやスケート関係者にも大きな夢と希望を与えてくれた選手。

今後は、早大大学院スポーツ科学研究科に進み、フィギュアスケートをスポーツマネージメントの領域で考察する研究者としての道を目指しながら、研究活動の一環としてアイスショーなどには参加する可能性もあるとの事ですので、これからも楽しみに応援を続けたいと思います。

長い間、お疲れ様でした。これからも頑張ってください。

以下、関西大学ホームページ「町田樹からのメッセージ」より引退挨拶の転載。

引退のご挨拶

皆 様

この度、私は今シーズン限りをもちまして、現役の選手を引退することを決断致しました。

近年では、スポーツ選手のセカンドキャリア問題が社会問題となるに至っており、JOCも問題解決に向け、アスリートセカンドキャリアサポート事業などに取り組んでいるほどです。私も、自分自身の選手引退後のキャリアデザインに苦労した一人です。しかしながら、周囲の方々のご指導のもと、自分自身でセカンドキャリアへの一歩を踏み出せるよう、競技を続ける傍らで、文武両道を旨に、ここまで準備をして参りました。

実は、今シーズン序盤、スケートアメリカに出場するためにシカゴへと出発する直前に、私は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科・修士課程2年制の一般入試を受験致しました。その合格が発表されたのは、スケートアメリカのショートプログラムが行われる日のことで、文字通り万感の思いで演技を致しました。

その後もシーズンを通して、私は文武両道を志し、今シーズンのプログラムである「ヴァイオリンと管弦楽のための幻想曲」と「第九交響曲」の作品としての完成を目指して、周囲の方々の心強いご指導のもと、初志貫徹で精進して参りました。そして今大会(全日本)での自分の演技を終えた結果、私は自分の引退を、本当に晴れやかな気持ちで本日(12月28日)の朝、決断することができました。ご指導頂いている大西勝敬コーチにも、本日その意志をお伝えしたところです。約21年間の競技人生でしたが、何も思い残すこと無く、誇りを胸に、堂々と競技人生に終止符を打てます。これもひとえに、関西大学、国際スケート連盟および日本スケート連盟、歴代コーチ、歴代振付師の先生方をはじめ、周囲の方々のご支援・ご指導、また家族の支えがあった御陰です。本当に心から感謝を申し上げます。

またこの長い競技人生において、とりわけ成績不振の時期でも私を信じて応援して下さったファンの方々に、今、思いを馳せております。さらにはソチ五輪以来、多くのファンの皆さまからお心暖かい応援を頂きました。

なお、去る2014年2月のソチ五輪出場に際し、関西大学を通じて多くの皆さまより賜りました活動支援金等のご芳情にも、改めてこの場で御礼申し上げます。皆さまへの、私なりの御礼の気持ちの一端としても、今シーズンの二つのプログラムを制作し、演じてきたつもりです。そうしたことなども含め、改めてありがとうございました。

2015年4月、早稲田大学大学院スポーツ科学研究科・修士課程2年制に入学後は、博士課程進学を視野に入れ、将来的には研究者を目指し、一大学院生として精進して参りたいと強く思っております。フィギュアスケートをスポーツマネジメントの領域で考察する研究者として、社会から真に必要とされる人材になるべく、真摯に新たな道を歩んでいく所存です。

なお機会を与えて頂ければのお話ではありますが、今後とも研究活動の一環として、アイスショー等での演技や創作活動を、必要最小限の数の舞台において経験させて頂きたいと考えておりますので、宜しくお願い申し上げます。

皆さまには今後とも、静かに見守って下さいますなら幸いです。重ねて心よりお願い申し上げます。

2014年12月28日

町田 樹

町田樹選手へのメッセージ ~ 無良崇人

「町田樹選手は小さい頃からずっと一緒にやってきた仲間ですし、すごく良いライバルだったと自分の中でも存在が大きかった選手がこうやって突然引退ということで、びっくりというか頭の中が真っ白で何をしゃべっていいのか分からない状況なんですけど、せっかくいただいたチャンスなので、このようなふがいない試合をしないように、世界選手権に向けて一段と心を決めて練習をしたいと思っています。」

【競技結果】無良崇人 5位・町田樹 4位 :フィギュアスケート:全日本選手権2014・男子

2014年12月27日、28日に、フィギュアスケート:全日本選手権2014が、長野・ビッグハットで開催され、鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手(HIROTA)と、鳥取と縁の深い町田樹選手(関西大)が出場しました。

SPの得点は78.54点で5位スタートとなった無良崇人選手は、FS「オペラ座の怪人」で巻き返しを狙うも、小さなミスが重なり得点157.86点と、トータル236.40点の最終5位。

SPを90.16点の高得点で2位スタートした町田樹選手は、日本で初めて演じる「ベートーベン 交響曲第9番」のFSでしたが、ジャンプがうまくまとまらず152.45点、トータル242.61点の最終4位となり、残念ながら2人とも惜しくも表彰台とはなりませんでした。

フィギュアスケート:全日本選手権2014・男子

順位 選手名 所属 得点
1位 羽生結弦 ANA 286.86
2位 宇野昌磨 中京大中京高 251.28
3位 小塚崇彦 トヨタ自動車 245.68
4位 町田樹 関西大 242.61
5位 無良崇人 HIROTA 236.40
6位 山本草太 邦和スポーツランド 206.80

詳細結果はコチラ >>

20141227_nihonkai
日本海新聞 2014年12月27日

20141228_nihonkai
日本海新聞 2014年12月28日

【競技結果】無良崇人 5位・町田樹 6位 :フィギュアスケート・グランプリファイナル2014

2014年12月12日、13日に、フィギュアスケートのグランプリシリーズ上位6人で争われるグランプリファイナルが、スペイン・バルセロナで開催されました。

日本からは、鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手(HIROTA)、鳥取とも縁の深い町田樹選手(関西大)、そしてソチ五輪金メダリスト羽生結弦選手(ANA)の3名が出場。

鳥取県に関連する選手が2名も出場するとあって、鳥取県内でも今大会への注目は高く、大会前から新聞の鳥取県版でも、無良崇人選手、町田樹選手をフューチャーした記事や、TV特集ニュースなども放送されました。

asahi-20141213
朝日新聞 鳥取版 2014年12月13日

12月9日 TSKスーパーニュース ~ 高橋大輔さんより無良崇人選手へエール

大会では、ショートプログラム、フリープログラムともに素晴らしい出来栄えの羽生結弦選手が優勝し、大会2連覇を達成しました。

ショートプログラム冒頭の4回転の失敗で6位と出遅れたは無良崇人選手(HIROTA)は、フリースケーティングで差を縮めたものの、最終5位、ショートプログラムで2位とメダルの期待された町田樹選手は、フリースケーティングで大きく崩れ、まさかの最終6位と残念な結果となりましたが、無良崇人選手が世界5位、町田樹選手が世界6位となったことに、鳥取のファンやスケート関係者にも大きな誇りと励みになりました。

フィギュアスケート・グランプリファイナル2014 男子ショートプログラム

順位 名前 合計点 SP FS
順位 点数 順位 点数
1 羽生結弦 288.16 1 94.08 1 194.08
2 ハビエル・フェルナンデス 253.90 5 79.18 2 174.72
3 セルゲイ・ボロノフ 244.53 4 84.48 3 160.05
4 マキシム・コフトゥン 242.27 3 87.02 5 155.25
5 無良崇人 235.37 6 78.35 4 157.02
6 町田樹 216.13 2 87.82 6 128.31

男子SP 採点表 >>
男子FS 採点表 >>

■ショートプログラム

無良崇人選手

町田樹選手

■フリースケーティング

無良崇人選手

町田樹選手

【競技結果】無良崇人 3位:2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会・グランプリシリーズ第6戦

20141129-mura2014年11月28日(金)、11月29日(土)大阪なみはやドームで開催の2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会・グランプリシリーズ第6戦(シニア男子)に鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手(HIROTA所属)が出場。

ショートプログラムを素晴らしい演技で1位通過した無良選手が、フリープログラムで4位となり、惜しくも優勝は逃したものの、見事3位に入賞しました。

この結果により、無良選手はGPシリーズ上位6選手によるGPファイナル(12月、スペイン・バルセロナ)に、鳥取と縁の深い町田樹選手、羽生結弦選手と共に進出を決めました。

無良崇人選手より鳥取の皆様へのメッセージ

NHK杯が終わりました。
フリーの方は、課題が残りましたが、GP大会で、二つのメダルといくつかの自信を手に入れる事が出来ました。
GPファイナルのメダルに向けて頑張りますので、応援お願いいたします。

無良崇人

2014NHK杯国際フィギュアスケート競技大会・グランプリシリーズ第6戦

総合順位 選手名 SP FS 総合得点
順位 得点 順位 得点
1 村上 大介 (日本) 3 79.68 1 166.39 246.07
2 セルゲイ・ボロノフ  (ロシア)ファイナル出場 4 78.93 2 157.72 236.65
3 無良 崇人 (日本)ファイナル出場 1 86.28 4 148.16 234.44
4 羽生 結弦 (日本)ファイナル出場 5 78.01 3 151.79 229.80
5 ジェレミー・アボット (アメリカ) 2 81.51 5 148.14 229.65
6 エラジ・バルデ (カナダ) 7 67.50 6 145.00 212.50
7 ロス・マイナー (アメリカ) 10 63.36 7 142.00 205.36
8 ジェレミー・テン (カナダ) 8 65.81 8 137.46 203.27
9 キム・ジンソ (韓国) 9 65.69 9 131.51 197.20
10 イワン・リギーニ (イタリア) 6 70.27 10 125.95 196.22
11 ジョシュア・ファリス (アメリカ) 11 58.35 11 111.53 169.88

NHK公式ページ(演技動画など) >>
日本スケート連盟 2014NHK杯ページ(選手メッセージなど) >>
国際スケート連盟 2014NHK杯ページ(英語) >>
無良崇人選手応援ページ~空も跳べるはず~Facebook >>

全国版メディアでも大きく取り上げられたNHK杯でしたが、山陰の各地方新聞でも1面で無良選手の活躍が報道されました。

nihonkai-20141129

日本海新聞 2014年11月29日 1面記事(左)/ 13面記事(右)

nihonkai-20141130

日本海新聞 2014年11月30日 1面記事(左)/ 16面記事(右)

saninchuou-20141130

山陰中央新報 2014年11月30日

■NHK杯直前 無良崇人特集 / 2014年11月27日 TSKスーパーニュース

【競技結果・動画】無良崇人 優勝:2014カナダ フィギュアスケート・グランプリシリーズ第2戦

2014年10月31日(金)、11月1日(土)カナダ・ケロウナで開催のフィギュアスケート・グランプリシリーズ第2戦(シニア男子)に鳥取スケート連盟登録の無良崇人選手(HIROTA所属)が出場。

ショートプログラムを2位で通過した無良崇人選が、フリーで完璧な演技をみせ、見事に逆転優勝しました。

無良選手おめでとうございました。

http://www.isu.org/en/single-and-pair-skating-and-ice-dance/news/2014/11/skate-canada-international-isu-grand-prix-of-figure-skating-2014-day-2

カナダ フィギュアスケート・グランプリシリーズ第2戦 / ISU GP Skate Canada International 2014

開催期間:2014年10月31日(金)~11月1日(土)
開催地:カナダ・ケロウナ

【シニア男子】無良 崇人

カナダ フィギュアスケート・グランプリシリーズ第2戦 (シニア競技結果)

Pl Name Nation Points SP FS
1 Takahito MURA JPN 255.81 2 1
2 Javier FERNANDEZ ESP 244.87 1 2
3 Max AARON USA 231.77 5 3
4 Stephen CARRIERE USA 231.67 4 4
5 Konstantin MENSHOV RUS 225.03 3 6
6 Florent AMODIO FRA 215.71 8 5
7 Michal BREZINA CZE 208.24 7 8
8 Takahiko KOZUKA JPN 203.17 6 11
9 Andrei ROGOZINE CAN 202.40 9 10
10 Adam RIPPON USA 201.92 11 7
11 Liam FIRUS CAN 198.91 10 9

【競技結果・動画】無良崇人 準優勝:2014イタリア ミラノ・ロンバルディアトロフィー国際大会

20140921_mura2014年9月20日(土)、21日(日)開催のイタリア ミラノ・ロンバルディアトロフィー国際大会・フィギュア(シニア男子)に鳥取スケート連盟登録の無良崇人選手(HIROTA所属)が出場。

無良崇人選手は4回転の失敗があったものの、ショートプログラムを見事1位で通過。

期待されたフリープログラムでは、残念ながらの2位。

最終トータル結果では僅差ながら、米国のリチャード・ドーンブッシュ選手に首位を譲りましたが、見事準優勝となりました。

無良選手おめでとうございました。

※9月30日に動画を追加しました。

ロンバルディア・トロフィー2014(ロンバルディア杯)/ Lombardia Trophy 2014

開催期間:2014年9月18日(木)~21日(日)
開催地:イタリア・ミラノ、セストサンジョバンニ(Sesto San Giovanni . Milano, ITA)
会場:Palasesto
主催:Club Sesto Ice Skate

【シニア男子】無良 崇人

■ショートプログラム

■フリープログラム

Senior | Lombardia Thropy 2014 RESULT
ロンバルディア杯2014リザルト(シニア競技結果)

FPl. Name Nation Points SP FS
1 Richard DORNBUSH USA 237.28 2 1
2 Takahito MURA JPN 235.79 1 2
3 Adian PITKEEV RUS 215.90 5 3
4 Grant HOCHSTEIN USA 204.37 3 6
5 Moris KVITELASHVILI RUS 201.14 4 7
6 Michael Christian MARTINEZ PHI 199.92 6 5
7 Florent AMODIO FRA 199.70 7 4
8 Phillip HARRIS GBR 184.51 8 8
9 Brendan KERRY AUS 166.55 10 9
10 Alexander BJELDE GER 154.67 9 11
11 Marcus BJヨRK SWE 142.33 12 10
12 Andrew DODDS AUS 136.05 11 12
13 Lewis GIBSON GBR 130.75 13 13
WD Albert MワCK AUT
WD Mario-Rafael IONIAN AUT
WD Jorik HENDRICKX BEL
WD Michal BREZINA CZE
WD Tomi PULKKINEN FIN
WD Martin RAPPE GER
WD Maverick EGUIA PHI
WD Jordan JU TPE

TSKスーパーニュース / 無良崇人特集(2014年9月1月放送)

2014年9月1日の山陰中央テレビ スーパーニュースで、2014年6月より鳥取県スケート連盟の登録選手となったフィギュアスケーター無良崇人選手(HIROTA所属)の特集が放送されました。

幼い頃に鳥取の日本海リッチランドでのスケート合宿によく参加していた思い出や、鳥取県の登録選手としてオリンピックを目指すことにした思いなど、全国放送のフィギュア番組では見られない無良選手の側面を見る事ができます。

8月17日に岡山で行われた夏休みスケート教室(NPO法人アイススポーツ鳥取主催)、夏合宿(鳥取県スケート連盟主催)で指導している模様も映っています。

鳥取の厳しいスケート環境の中、無良選手の鳥取県スケート連盟への登録は、未来への夢や希望へと繋がる大きな力になると思います。

(映像:山陰中央テレビ スーパーニュース 2014年9月1日放送)

無良崇人選手が鳥取県庁、鳥取市役所を表敬訪問

2014年6月より鳥取県スケート連盟登録となったフィギュアスケーター無良崇人選手(HIROTA所属)が、9月4日(木)に、父でコーチの無良隆志氏(鳥取県伯耆町出身)と鳥取県庁と鳥取市役所を表敬訪問しました。
20140905_mura0120140905_mura02

鳥取県庁では、平井知事を訪問。2018年平昌・冬季オリンピックを目標に、今シーズンから鳥取県登録選手としてスタートする無良選手は「自分が頑張る事で、これから鳥取のPRにつなげていければ」と抱負を語っていました。

鳥取市役所では、深沢市長を訪問。深沢市長が「無良選手の活躍は、鳥取の若い人たちの夢や希望に繋がる。大変うれしく思う。」と話すと、無良選手も「競技環境が整備されれば、次世代の選手が育つかもしれない。」とスケートリンク建設に期待を寄せていました。

20140905_yomiuri01

読売新聞 2014年9月5日 鳥取版

20140905_nihonkai01

日本海新聞 2014年9月5日

ページ:«12345»