無良崇人

【大会日程・メディア】第86回 全日本フィギュアスケート選手権大会 出場 無良崇人選手

鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が出場する、第86回 全日本フィギュアスケート選手権大会が、2017年12月21日(木)~24日(日)に開催されます。

第86回 全日本フィギュアスケート選手権大会

開催期間:12月21日(木)~12月24日(日)
開催地:武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都)

「鳥取からオリンピックを目指す」と、父親の無良隆志コーチの出身地である鳥取県スケート連盟の登録選手となってから来年で4年。

この4年間、目標にしてきた平昌五輪への切符を手に入れるための、最終選考となる大切な今大会。

鳥取県内のメディアでも、大きく特集されています。

不調スタートとなった今シーズンですが、先月のGPスケートアメリカでは笑顔が戻り、エキシビジョンでは無良選手らしい力強く素晴らしい演技を見る事ができました。

今回の全日本選手権も無良選手らしい演技を期待し、鳥取からも熱い声援を送りたいと思います。

無良選手のショートプログラムの滑走順は23番です。

また毎年鳥取県スケート連盟の合宿や鳥取県大会にオープン参加している木科雄登選手(岡山)もショートプログラム8番滑走で出場します。

皆様も応援、どうぞ宜しくお願いします!

TV放送スケジュール

12月21日(木)
17:00-18:30 女子SP(CSフジテレビONE・LIVE)
18:30-21:00 女子SP(地上波・LIVE)

12月22日(金)
17:00-18:30 男子SP(CSフジテレビONE、BSフジ・LIVE)
18:30-21:00 男子SP(地上波・LIVE)

12月23 日(土)
17:00-19:00 女子フリー(CSフジテレビONE、BSフジ・LIVE)
19:30-21:15 女子フリー(地上波・LIVE)

12月24日(日)
17:00-19:00 男子フリー(CSフジテレビONE、BSフジ ・LIVE)
18:30-21:15 男子フリー(地上波・LIVE)
27:00-28:00 ペア、アイスダンス (地上波・録画)

全日本フィギュアスケート選手権2017 無良崇人選手
日本海新聞 2017年12月16日

全日本フィギュアスケート選手権2017出場 無良崇人選手
日本海新聞 2017年12月20日

【メディア】2017年12月19日 日本海新聞「スポーツ回顧 鳥取県 2017」スケート / アイスホッケー

日本海新聞が、2017年の鳥取県のスポーツ競技を振り返る「スポーツ回顧」のコーナーに、スケートとアイスホッケーの記事が特集されました。

12月18日までの、フィギュアスケート、スピードスケート、アイスホッケー、各競技の国体予選結果や、12月21日から始まる全日本選手権に出場する無良崇人選手のこれまでの流れなどがまとめられています。

2017年12月19日 日本海新聞「スポーツ回顧 鳥取県 2017」
2017年12月19日 日本海新聞「スポーツ回顧 鳥取県 2017」

【メディア・受賞】無良崇人選手:Athlete Safari誌 第6回 アスリートドレッサーアワード 受賞

2017/12/05   //   メディア・動画, 無良崇人

鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が、Athlete Safari[アスリート・サファリ]誌の「第6回 アスリートドレッサーアワード」を受賞し、2017年12月3日(日)に阪急メンズ東京 有楽町マリオンセンターモールにて開催された授賞式に、今年の日本スポーツ界を賑わせた豪華な面々と共に登場しました。

第6回アスリートドレッサーアワード

第6回 Athlete Dresser Award 受賞者

阿部 勇樹(プロサッカー選手 浦和レッドダイヤモンズ所属)
井上 尚弥 (ボクシングWBO世界スーパーフライ級王者)
杉田 祐一(プロテニスプレーヤー 三菱電機所属)
千賀 滉大(プロ野球選手 福岡ソフトバンクホークス所属)
藤光 謙司(陸上競技選手 ゼンリン所属)
無良 崇人(フィギュアスケーター 洋菓子のヒロタ所属)

Athlete Safari[アスリート・サファリ]雑誌が、ファッションに精通し、ライフスタイルがお洒落な“日本を代表する男性アスリートたち”を表彰する「アスリートドレッサーアワード」。

サファリ・オンラインの無良崇人選手の特集記事「父との思いを胸に世界へ挑む! 」では、父である無良隆志と共に平昌オリンピックへの出場権獲得に挑む無良崇人選手について紹介されています。

無良崇人選手は、スケート界以外からも大きなエールを受け、オリンピック選考会本番となる全日本選手権(2017年12月20日 ~ 2017年12月24日)に挑みます。

【競技結果】無良崇人 7位:GPシリーズ スケートアメリカ2017 男子

2017年11月25日(土)~27日(月)に、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第6戦:スケートアメリカが、アメリカ・レレークプラシッドで開催され、鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が出場。

冒頭の4回転ジャンプが乱れるなど、点数が伸びずSP7位スタートとなった無良選手は、FSでの巻き返しを期待されるも、後半にジャンプのミスを重ねてしまう苦しい内容で、合計212.77点で総合7位となりました。

自身のスケート人生の集大成と位置付ける今シーズン。

無良崇人選手の次戦は、オリンピック選考会本番となる全日本選手権。(2017年12月20日 ~ 2017年12月24日)

残り1ヶ月弱の調整期間となりますが、強い気持ちで持ち味のダイナミックな演技を取り戻し、チャンスを掴んでほしいと思います。

無良崇人選手への沢山の応援、どうぞ宜しくお願い致します!

順位 名前(国) SP FS 合計
1 ネイサン・チェン(USA) 104.12 (1) 171.76 (2) 275.88
2 アダム・リッポン(USA) 89.04 (2) 177.41 (1) 266.45
3 セルゲイ・ボロノフ(RUS) 87.51 (3) 169.98 (3) 257.49
4 金 博洋(キン ハクヨウ)(CHN) 77.97 (6) 168.06 (4) 246.03
5 閻 涵(エン カン)(CHN) 85.97 (4) 142.36 (7) 228.33
6 ロス・マイナー(USA) 71.59 (8) 148.03 (5) 219.62
7 無良 崇人(JPN) 75.05 (7) 137.72 (8) 212.77
8 リアム・フィルス(CAN) 65.17 (11) 145.66 (6) 210.83
9 ケビン・レイノルズ(CAN) 69.10 (10) 134.95 (9) 204.05
10 ローマン・サドフスキー(CAN) 70.85 (9) 129.25 (10) 200.10
ダニエル・サモーヒン(ISR) 82.28 (5) 棄権
マキシム・コフトゥン(RUS) 64.98 (12) 棄権

スケートアメリカ2017 無良崇人選手
日本海新聞 2017年11月26日

スケートアメリカ2017 無良崇人選手

日本海新聞 2017年11月27日

【競技結果】無良崇人 12位:GPシリーズ スケートカナダ2017 男子

2017年10月28日(土)~29日(日)に、フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦:スケートカナダが、カナダ・レジャイナで開催され、鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が出場。

SP曲を昨季の「ファルーカ」に戻して臨んだ今大会でしたが、ジャンプの回転不足などで得点が伸びず74.82点で8位スタートとなった無良崇人選手。

FSでの巻き返しを狙うも、冒頭トリプルアクセル以外の残り全てのジャンプでミスが出るという今までにないまさかの展開で、最下位となりました。

残念な結果となりましたが、次戦はグランプリシリーズ スケートアメリカ(11月24日~26日)。

皆様の応援が大きな力になりますので、大きな応援をどうぞ宜しくお願いいたします。

無良崇人選手からのメッセージ

スケートカナダ
応援ありがとうございました。
スケートアメリカに向けて
一から出直します。

無良崇人

順位 名前(国) SP FS 合計
1 宇野 昌磨(JPN) 103.62 (1) 197.48 (1) 301.10
2 ジェイソン・ブラウン(USA) 90.71 (3) 170.43 (2) 261.14
3 アレクサンドル・サマリン(RUS) 84.02 (4) 166.04 (3) 250.06
4 パトリック・チャン(CAN) 94.43 (2) 151.27 (7) 245.70
5 ヨリック・ヘンドリックス(BEL) 82.08 (6) 155.23 (5) 237.31
6 ミハル・ブレジナ(CZE) 80.34 (7) 156.70 (4) 237.04
7 ニコラ・ナドー(CAN) 74.23 (9) 155.20 (6) 229.43
8 キーガン・メッシング(CAN) 82.17 (5) 135.58 (10) 217.75
9 チャー・ジュン・ファン(KOR) 68.46 (11) 141.86 (8) 210.32
10 Paul FENTZ(GER) 68.48 (10) 133.12 (11) 201.60
11 ブレンダン・ケリー(AUS) 63.19 (12) 138.37 (9) 201.56
12 無良 崇人(JPN) 74.82 (8) 111.84 (12) 186.66


日本海新聞 2017年10月28日


日本海新聞 2017年10月29日


日本海新聞 2017年10月30日

【メディア情報】10月8日生中継:グランプリシリーズ参加 無良崇人選手 記者会見 CSテレ朝チャンネル2

2017/10/02   //   メディア・動画, 無良崇人

10月8日に開催されるフィギュアスケートのグランプリシリーズ参加選手の記者会見が、テレビ朝日「CSテレ朝チャンネル2」にて生中継されることが発表されました。

GPカナダ(10月27日~29日)、GPアメリカ(11月24日~26日)に出場する鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ所属)も、記者会見に参加予定です。

◇放送局 CSテレ朝チャンネル2
◇放送時間 10月8日(日)午後1時~1時45分
◇出席予定
<選手>宇野昌磨、田中刑事、無良崇人、宮原知子、樋口新葉、三原舞依、本田真凜、本郷理華
<解説>織田信成
<司会>角澤照治(テレビ朝日アナウンサー)
(敬称略)

記者会見の番組情報はコチラ >>

記者会見後に、グランプリシリーズに向けたトレーニングの為に渡米予定の無良選手。

日程的に、残念ながら鳥取県大会には不参加となりますが、グランプリシリーズでの勇姿に期待したいと思います。

フィギュアスケート・グランプリシリーズ2017は、テレビ朝日系で放送予定です。

フィギュアスケート・グランプリシリーズ2017 ホームページ >>

【スケジュール変更】無良崇人選手、鳥取県大会不参加のお知らせ

2017年10月14日(土)に岡山国際スケートリンクにて開催される「第38回 鳥取県スケート競技選手権大会 フィギュア競技の部」に参加予定だった無良崇人選手は、トレーニングへ渡米の為、不参加となりました。

中四国九州ブロック大会への参加は、現段階では未確定です。

どうぞご了承ください。

【競技日程】第38回 鳥取県スケート競技選手権大会 / 鳥取県中学総体 / 鳥取県高校総体

2017/09/17   //   フィギュアスケート, 無良崇人

2017年10月14日(土)に岡山国際スケートリンクにて、以下の3大会が同日開催されます。

  • 第38回 鳥取県スケート競技選手権大会 フィギュア競技の部
    (兼 第73回 国民体育大会冬季大会スケート競技会鳥取選考会)
  • 第43回 鳥取県中学校冬季総合体育大会(スケートの部)
  • 第18回 鳥取県高等学校総合体育大会フィギュアスケート競技会

■日時:
2017年10月14日(土)17:00~
■場所:
岡山国際スケートリンク

国民体育大会冬季大会フィギュア競技の部の選考会も兼ねる今大会。
鳥取県選手もシーズン本格スタートとなります。

観覧希望の方は、当日鳥取県スケート連盟スタッフまでお声掛けください。

また今大会には、無良崇人選手もグランプリシリーズへの調整も兼ねて、参加予定です。

無良崇人選手は、トレーニングの為、渡米。
鳥取大会は不参加となりました。

どうぞご了承ください。

【競技結果】無良崇人 7位:フィギュアスケート男子:2017USインターナショナルクラシック

2017年9月15日~16日に、フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックが、米国・ソルトレークシティーで開催され、日本からは鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が友野一希選手とともに出場。

SPで5位と出遅れた無良崇人選手は、フリーでもジャンプミス連発から127.94点、合計205.38点で7位にとどまりました。

昨年は2位と相性の良かった試合だけに、残念なスタートとなりましたが、GPシリーズに向けてまだ再調整が間に合う時期。

再調整に向けて頑張ってほしいと思います。

■USインターナショナルクラシック・談話(デイリースポーツより抜粋)

演じるのは3季前にも使用した「オペラ座の怪人」。冒頭の4回転サルコーが2回転になると、続く4回転トーループこそ決めて見せたが、演技後半は次々にジャンプが抜けた。「初戦で意気込みすぎて、力が入ってしまった。完全に緊張している感じだった」

平昌五輪シーズン初戦を飾ることはできなかったが、「グランプリシリーズまでに練習し直したい」と雪辱を誓った。

順位 名前 SP FS 合計
1位 ネイサン・チェン 91.80(1) 183.24(1) 275.04
2位 マックス・アーロン 86.06(2) 175.50(2) 261.56
3位 リアム・フィルス 83.46(3) 164.83(3) 248.29
4位 ヤロスラフ・パニオット 77.20(6) 155.96(4) 233.16
5位 友野一希 69.88(8) 155.42(5) 225.30
6位 ティモシー・ドレンスキー 78.75(4) 136.19(6) 214.94
7位 無良崇人 77.44(5) 127.94(8) 205.38
8位 ショーン・ラビット 68.60(9) 135.86(7) 204.46
9位 ミハル・ブレジナ 75.78(7) 118.17(11) 193.95
10位 ダニエル・サモーヒン 64.74(11) 126.46(9) 191.20
11位 ベネ・トマン 66.96(10) 121.35(10) 188.31
12位 ジョーダン・ドッズ 51.19(13) 101.51(12) 152.70
13位 アンドリュー・ドッズ 58.44(12) 84.80(13) 143.24
14位 チーシェン・チャン 36.40(14) 78.28(14) 114.68

日本海新聞2017.9.16

日本海新聞2017.9.17

【追記:8月23日TV放送】山陰中央テレビ TSKみんなのニュース「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」

2017年8月23日(水)の山陰中央テレビ「TSKみんなのニュース」(16時50分~19時00分) にて「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」と題して、鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手の特集が放送されます。

これは、8月11日(金)に岡山県国際スケートリンクにて開催された「NPO法人アイススポーツ鳥取主催:夏のスケート教室」の際にTV取材されたもの。

無良崇人選手のインタビューに交え、スケート教室の模様も放送されると思いますので、山陰地方にお住まいの方は是非ご覧ください。

【2017年8月23日夜 追記】

TSKみんなのニュースの無良崇人選手の特集「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」、無事に放送されました。

スケート教室で無良選手が教えている様子、無良選手の平昌オリンピックに向けての意気込みを語ったインタビューに加え、無良選手の経歴や過去の試合映像、父 隆志コーチの紹介や鳥取県スケート連盟所属になったいきさつなど、無良選手の魅力をじっくりと紹介。

先日の無良選手が参加したスケート教室の愉しそうな模様や、無良選手のデモンストレーション、ジャンプの様子もしっかりと放送されていました。

参加者インタビューや、無良選手への応援メッセージなどを見ていても、子どもから大人まで、今回の参加者の方々の嬉しそうな様子がご覧頂けたかと思います。

また、スケート教室で参加者の皆さんが上手に滑る事ができるようになっている様子も、お分かり頂けたのではないでしょうか?

無良選手の今シーズンスタートまであと僅か。

無良選手への応援、どうぞ宜しくお願いいたします!

無良崇人選手:今シーズンの出場予定

チャレンジシリーズ USインターナショナル(9月13日~17日)
グランプリシーズン カナダ(10月27日~29日)
グランプリシリーズ アメリカ(11月24日~26日)
全日本選手権(12月20日~24日)

山陰中央テレビ TSKみんなのニュース「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」(2017年8月23日)

インタビュー内容

– スケート教室について

すごい沢山来ていただいて、
意外と滑れる方が多くてビックリなんですけど。

自分の競技とはまた違って、
新たに、教える事で発見する事というのもあるので。

– 前回ソチオリンピックを逃した経験から

前回(4年前)の時に自分の気持ちをコントロールできなかった時があったので、
そういう経験をいかして、
しっかり一つ一つの試合に
落ち着いて臨めるようにしたいというふうに思います。

– 平昌オリンピックに向けて

オリンピックっていう舞台っていうのが、
ある意味、現役としての憧れの場であるっていうことは確かだと思うので、
その上を目指していくっていう気持ちを持ってさえいれば、
逆に守りにはいらなければ大丈夫かなと思います。

ページ:«123456»