お知らせ

【競技日程】第38回 鳥取県スケート競技選手権大会 / 鳥取県中学総体 / 鳥取県高校総体

2017/09/17   //   フィギュアスケート, 無良崇人

2017年10月14日(土)に岡山国際スケートリンクにて、以下の3大会が同日開催されます。

  • 第38回 鳥取県スケート競技選手権大会 フィギュア競技の部
    (兼 第73回 国民体育大会冬季大会スケート競技会鳥取選考会)
  • 第43回 鳥取県中学校冬季総合体育大会(スケートの部)
  • 第18回 鳥取県高等学校総合体育大会フィギュアスケート競技会

■日時:
2017年10月14日(土)17:00~
■場所:
岡山国際スケートリンク

国民体育大会冬季大会フィギュア競技の部の選考会も兼ねる今大会。
鳥取県選手もシーズン本格スタートとなります。

また今大会には、無良崇人選手もグランプリシリーズへの調整も兼ねて、参加予定です。

観覧希望の方は、当日鳥取県スケート連盟スタッフまでお声掛けください。

【競技結果】無良崇人 7位:フィギュアスケート男子:2017USインターナショナルクラシック

2017年9月15日~16日に、フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックが、米国・ソルトレークシティーで開催され、日本からは鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が友野一希選手とともに出場。

SPで5位と出遅れた無良崇人選手は、フリーでもジャンプミス連発から127.94点、合計205.38点で7位にとどまりました。

昨年は2位と相性の良かった試合だけに、残念なスタートとなりましたが、GPシリーズに向けてまだ再調整が間に合う時期。

再調整に向けて頑張ってほしいと思います。

■USインターナショナルクラシック・談話(デイリースポーツより抜粋)

演じるのは3季前にも使用した「オペラ座の怪人」。冒頭の4回転サルコーが2回転になると、続く4回転トーループこそ決めて見せたが、演技後半は次々にジャンプが抜けた。「初戦で意気込みすぎて、力が入ってしまった。完全に緊張している感じだった」

平昌五輪シーズン初戦を飾ることはできなかったが、「グランプリシリーズまでに練習し直したい」と雪辱を誓った。

順位 名前 SP FS 合計
1位 ネイサン・チェン 91.80(1) 183.24(1) 275.04
2位 マックス・アーロン 86.06(2) 175.50(2) 261.56
3位 リアム・フィルス 83.46(3) 164.83(3) 248.29
4位 ヤロスラフ・パニオット 77.20(6) 155.96(4) 233.16
5位 友野一希 69.88(8) 155.42(5) 225.30
6位 ティモシー・ドレンスキー 78.75(4) 136.19(6) 214.94
7位 無良崇人 77.44(5) 127.94(8) 205.38
8位 ショーン・ラビット 68.60(9) 135.86(7) 204.46
9位 ミハル・ブレジナ 75.78(7) 118.17(11) 193.95
10位 ダニエル・サモーヒン 64.74(11) 126.46(9) 191.20
11位 ベネ・トマン 66.96(10) 121.35(10) 188.31
12位 ジョーダン・ドッズ 51.19(13) 101.51(12) 152.70
13位 アンドリュー・ドッズ 58.44(12) 84.80(13) 143.24
14位 チーシェン・チャン 36.40(14) 78.28(14) 114.68

日本海新聞2017.9.16

日本海新聞2017.9.17

【追記:8月23日TV放送】山陰中央テレビ TSKみんなのニュース「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」

2017年8月23日(水)の山陰中央テレビ「TSKみんなのニュース」(16時50分~19時00分) にて「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」と題して、鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手の特集が放送されます。

これは、8月11日(金)に岡山県国際スケートリンクにて開催された「NPO法人アイススポーツ鳥取主催:夏のスケート教室」の際にTV取材されたもの。

無良崇人選手のインタビューに交え、スケート教室の模様も放送されると思いますので、山陰地方にお住まいの方は是非ご覧ください。

【2017年8月23日夜 追記】

TSKみんなのニュースの無良崇人選手の特集「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」、無事に放送されました。

スケート教室で無良選手が教えている様子、無良選手の平昌オリンピックに向けての意気込みを語ったインタビューに加え、無良選手の経歴や過去の試合映像、父 隆志コーチの紹介や鳥取県スケート連盟所属になったいきさつなど、無良選手の魅力をじっくりと紹介。

先日の無良選手が参加したスケート教室の愉しそうな模様や、無良選手のデモンストレーション、ジャンプの様子もしっかりと放送されていました。

参加者インタビューや、無良選手への応援メッセージなどを見ていても、子どもから大人まで、今回の参加者の方々の嬉しそうな様子がご覧頂けたかと思います。

また、スケート教室で参加者の皆さんが上手に滑る事ができるようになっている様子も、お分かり頂けたのではないでしょうか?

無良選手の今シーズンスタートまであと僅か。

無良選手への応援、どうぞ宜しくお願いいたします!

無良崇人選手:今シーズンの出場予定

チャレンジシリーズ USインターナショナル(9月13日~17日)
グランプリシーズン カナダ(10月27日~29日)
グランプリシリーズ アメリカ(11月24日~26日)
全日本選手権(12月20日~24日)

山陰中央テレビ TSKみんなのニュース「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」(2017年8月23日)

インタビュー内容

– スケート教室について

すごい沢山来ていただいて、
意外と滑れる方が多くてビックリなんですけど。

自分の競技とはまた違って、
新たに、教える事で発見する事というのもあるので。

– 前回ソチオリンピックを逃した経験から

前回(4年前)の時に自分の気持ちをコントロールできなかった時があったので、
そういう経験をいかして、
しっかり一つ一つの試合に
落ち着いて臨めるようにしたいというふうに思います。

– 平昌オリンピックに向けて

オリンピックっていう舞台っていうのが、
ある意味、現役としての憧れの場であるっていうことは確かだと思うので、
その上を目指していくっていう気持ちを持ってさえいれば、
逆に守りにはいらなければ大丈夫かなと思います。

【開催レポート】2017夏休みスケート教室 & 鳥取県スケート連盟 夏合宿

2017年8月 NPOアイススポーツ鳥取 スケート教室レポート

恒例のNPO法人アイススポーツ鳥取主宰「夏のスケート教室」が、今年も2017年8月11日(金・祝)12:00~13:30に、岡山国際スケートリンクにて開催されました。

今年で記念すべき10回目となる岡山国際スケートリンクでの「夏のスケート教室」ですが、今年も鳥取県内外から申込が集まり、締切前に受付終了となるほどの人気ぶり。

過去最多の参加者数という事で急遽、無良隆志先生、無良千絵先生、宮崎勇人先生、奥岩加奈子先生とプロインストラクター4名に指導協力いただくことになった今回のスケート教室。

昨年は県外でのアイスショーの為に不参加だった鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手、昨年に続いて木科雄登選手(西日本ジュニア選手権・全日本中学スケート競技会・優勝)も参加、そして鳥取県スケート連盟関係者も全面サポート。

さらにはテレビ局の取材カメラ班まで入るという、大変賑やかで豪華なスケート教室となりました。

今年は参加者が多く、様々なレベルの方がいらっしゃったので、自己申請で、1 初めての方グループ、2 初心者グループ、3 経験者グループの、3つのレベルに分かれてのグループレッスンになりました。

今年も1時間半の短いレッスンでしたが、基礎の動きをしっかりと学ぶ事で、小さなお子様からスケート初心者の大人の方まで、楽しくスケートを滑る事ができるようになっていく模様をフォトレポートでお伝えします。

【 受付~開会式 】

今年も鳥取県だけでなく全国からも、多数の参加者の方が「岡山国際スケートリンク」に続々と集合。

開会式で、主催の当NPO理事長や無良隆志先生のあいさつが行われる中、テレビ取材班もカメラ撮影をスタート。

【氷上での基礎動作のレッスン】

防具やスケート靴の紐のチェックと準備運動をした後で、いよいよスケートリンクに入ります。まずは全員が壁に添って慎重に進み、氷上の感覚を確かめます。今年は人数も多いだけあって、リンクの端から端まで埋まってしまいました。

一番最初に覚えるのは「しゃがむ → 立ち上がる 」「バランスを取りながら足踏み → 歩いて進む」という大切な基本動作。トップスケーターでも誰もが通る第一歩です。

【 個人個人に合わせてマンツーマンレッスン】

歩いて進めるようになったら、滑って前に進めるように練習します。

不安そうな子ども達には、スタッフがマンツーマンで補助しながらレッスン。

皆が徐々に一人で滑れるようになってきました。


【 自由に曲がれるようにレッスン 】

まっすぐに進めるようになったら、次はコーンを使って、思った方向に上手に曲がれるように練習します。

TVカメラマンも補助椅子を使って、リンクを滑走しながら撮影。

最後はしばしの自由滑走タイムで、一人一人がレッスンの内容を思い出しながら、本日の上達ぶりを実感しました。

【 みんな笑顔で記念写真 】

レッスン後には、無良崇人選手、木科雄登選手がデモンストレーションを披露し、普段なかなか近くで見る事ができないトップスケーターの滑りを前に、参加者の方々からも感動の拍手が。

こうして10回目となるNPO法人アイススポーツ鳥取主催のスケート教室は、賑やかに無事終了となりました。

当日撮影されたスケート教室の模様は、放送日未定ですが、おそらく山陰中央テレビのニュースで放送されると思いますので、山陰地方にお住いの方は要チェックです。

沢山の参加者の皆様、レッスンにご協力頂いた皆さま、岡山国際スケートリンクの皆様、ありがとうございました。

最後は、スケート教室の参加者の皆さんと記念撮影。

【鳥取県スケート連盟 2017夏合宿】

2017年の鳥取県スケート連盟主催のフィギュア強化合宿は、無良崇人選手など鳥取県スケート連盟登録選手をはじめ、木科雄登選手や鳥取県内外の選手が参加し、8月13日~8月16日まで岡山国際スケートリンクにて開催されました。

スケート教室、スケート合宿ともに、来年も開催したいと思っていますので、また皆さまのご参加、ご協力、どうぞ宜しくお願い致します。

【試合結果】OHK杯2017スポーツ岡山小中学生フィギュアスケート競技会

OHK杯小中学生フィギュアスケート競技会

7月8日(土)~9日(日)、今シーズン初戦『OHK杯小中学生フィギュアスケート競技会』が、倉敷市のヘルスピア倉敷アイスアリーナで開催されました。

鳥取県からは女子選手権クラスに米子北斗中の永見千代乃選手が出場しました。

OHK杯2017スポーツ岡山小中学生フィギュアスケート競技会

2017年7月8日(土)~9日(日) / ヘルスピア倉敷アイスアリーナ

【選手権女子】

6位 永見千代乃 (米子北斗中)
SP 7位 FS 5位 100.99点

【メディア情報】無良崇人選手 今期フリープログラムは「オペラ座の怪人」

2017/07/08   //   メディア・動画, 無良崇人

朝日新聞 2017年7月7日
(朝日新聞 2017年7月7日)

朝日新聞デジタル版では動画も視聴可能 >>

無良崇人選手の今期フリープログラム曲が「オペラ座の怪人」であることが発表されました。

「オペラ座の怪人」と言えば、洋菓子のヒロタ所属・鳥取県スケート連盟の登録選手となった3シーズン前2014カナダGPで優勝した時と同じ曲。

父である無良隆志コーチと「鳥取からオリンピックに」を目標にかかげてから3年。

洋菓子のヒロタさんをはじめとしたスポンサーの方々や、無良選手のスケート活動を支える多くの支援者の方々、そして多くのファンの期待もつまったこの3年。

ついにやってきた韓国平昌オリンピックへの選考シーズンだけに、無良選手の今シーズンにかける想いがひしひしと伝わってきます。

振付は2014年ソチ五輪アイスダンス金メダルのチャーリー・ホワイト氏、そして衣装はコシノヒロコさんの次女の小篠ゆまさんが担当。

平昌オリンピックの出場枠は3枠。

無良崇人選手の大きな挑戦に向けて、鳥取のスポーツ関係者、スケートファン、そして全国からも多くの皆様の応援をお願いいたします!

【広報誌発行】鳥取県スケート連盟・鳥取県アイスホッケー連盟情報誌「Let’s アイスポ No.9」

レッツアイスポ No.9 鳥取県スケート連盟・鳥取県アイスホッケー連盟情報誌

6月17日にNPO法人アイススポーツ鳥取の総会が終わり、今年も鳥取県スケート連盟、鳥取県アイスホッケー連盟情報誌『Let’s アイスポ』No.9(NPO法人アイススポーツ鳥取発行)の配布が始まりました。

今回も鳥取県立図書館をはじめ、県内各施設に置いていただいています。

無良崇人選手の情報やスケートリンク建設に向けた動き、夏休みスケート教室の情報、その他フィギュア、スピード、アイスホッケーの大会結果などを掲載しています。

TAKE FREEです。
是非ご覧ください!

レッツアイスポ No.9 鳥取県スケート連盟・鳥取県アイスホッケー連盟情報誌

置いていただいている施設

鳥取県立図書館
コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場
鳥取県民体育館
鳥取産業体育館
倉吉体育文化会館
米子産業体育館
鳥取県立武道館
皆生市民プール ほか

【申込受付終了】夏休みスケート教室 2017年8月11日(祝・金)

2017/06/10   //   お知らせ, スケート教室

2017年 NPO法人アイススポーツ鳥取主催 夏のスケート教室
岡山国際スケートリンク
NPO法人アイススケート鳥取では、例年大好評の「夏休みスケート教室」を2017年も開催します。(昨年のスケート教室レポートはコチラ

「岡山国際スケートリンク 」を貸し切って、プロのインストラクターによるス ケート教室は、これからスケートを始めたいという小さなお子さんから、親子でのスケート体験、大人の初心者指導まで、幅広い層の方にご満足頂ける内容です。

鳥取県外からのお申込みも可能です。

定員50名までとなっていますので、お早めにご応募ください。
定員に達したため、申込み受付は終了いたしました。(7月24日終了)

沢山のご応募、ありがとうございました。

8月11日は、予定通り開催致します。

当日は遠方での現地集合となりますので、どうぞお気をつけてご来場ください。

参加申込みされた皆様へ

当ページの申込みフォームよりお申込みされた皆様へは、お申込みから2日以内に「参加受付完了のお知らせ」のメールをお送りしています。

お申込み済みの方で、もしもメールが届いていらっしゃらない場合は、「お申込みの際のメールアドレスの入力間違い」「携帯メールにinfo@npo-ist.comからのメール受信許可がされていない」などの可能性があります。

もしも、まだメールが届いていらっしゃらない方は、info@npo-ist.comまで、直接メールでお問い合わせください。

■日時

・2017年8月11日(祝・金)
・12:00~13:30
(プロインストラクター無良千絵先生による初心者向けスケート指導 / リンク貸切の自由滑走時間あり)
※当日の11:00までに現地集合とします。

※13:30以降は、リンクが一般営業となります。
13:30以降も、別料金での再入場で自由滑走をお楽しみいただけます。

■場所

岡山国際スケートリンク
・岡山市北区岡南町2-3-30
・TEL 086-225-4058
・HP:http://www.ok-skate.com/

■内容

・プロインストラクター無良千絵先生によるスケート指導(リンク貸切)

■定員

・50名(要申込み、先着申込み順に受付)

■料金

・大人 2,000円 / 中学生以下 1,500円
(※スケート靴・ヘルメット貸出料、スポーツ保険料を含みます。小人の貸靴は最小15cmです。)

■当日の服装

長袖長ズボン(寒くない程度の上着)・手袋着用

■申込方法

申込者全員の「・お名前・ふりがな・年齢・住所・電話番号」を明記の上、下記お申込みフォーム、または事務局宛にFAXか郵送にてお申込みください。

※鳥取県外からのお申込みも可能です。

■申込期限

・平成2017年7月31日(月)まで

■連絡先

・NPO法人アイススポーツ鳥取 事務局
・〒680-1416 鳥取市高住55
・電話・FAX: 0857-32-7700(10:00~16:00)
・メールでのお問い合わせ:info@npo-ist.com

申込みされた皆様へ

スケート教室に変更内容などがありましたら、お申込みされたメールアドレス宛に、ご連絡を差し上げる場合がございます。

NPO法人アイススポーツ鳥取からのメールが、受信可能な状態にしておいてください。

【携帯メールアドレスを指定の場合】
お使いの携帯メールサービスの「迷惑メール設定」で、PCメールからの受信が拒否されている場合は、こちらから送信するメールが受信できません。必ず事前に、各携帯サービスのメール設定画面で「info@npo-ist.com」からのメールを受信可能な状態に設定しておいてください。

 

【感謝:募集終了】多くのご意見ありがとうございました~改築予定の鳥取市民体育館についての意見募集

2017/05/20   //   お知らせ, メディア・動画

■ 大変多くの反響に感謝いたします

鳥取市民体育館の建て替えに伴い、鳥取市が5 月19 日まで「鳥取市民体育館再整備基本構想(案)」について、市民からの意見が募集されました。

約1 週間前に、鳥取県スケート連盟のFacebookやNPO 法人アイススポーツ鳥取のホームページでも、鳥取市民体育館のスケートリンク複合案についての意見募集を呼びかけたところ、無良崇人選手、本田武史さん、多くのスケート関係者を始め、鳥取市民や県内外のスケートファンの方々など、非常に多くの皆様がSNS などを通じてインターネットで情報共有して呼びかけてくださったと同時に、様々な声をあげてくださいました。

鳥取のスケートリンク建設に対し、県内外から予想を遥かに超える反響を頂いている事に、この場を借りて深く感謝申し上げます。

鳥取市へも「スケートリンク建設希望の意見」が多数寄せられた事が確認されております。
(県外から寄せられた多くの意見も、きちんと参考意見として扱われるそうです。)

またスケート連盟に直接いただいたコメントやネット上に挙げられた沢山の声も、貴重な意見として、NPO法人アイススポーツ鳥取がまとめる事ができる範囲で無作為不特定な形で抽出し、鳥取市に参考資料として提出させていただきました。

■ テレビでも特集されました

また今回の流れは、県内でも注目を集め、鳥取県内のTVニュース(日本海テレビ:5月16日 / 山陰中央テレビ:5月18日:)でも特集され、無良選手のコメントも放送されました。

TVで放送されたことで、インターネット情報に触れる事が少ない方々にも、鳥取のスケートリンク建設に対して全国から多くのエールが送られている事が、鳥取県内に広く認知されたと思います。

■ 1週間のインターネット情報拡散の動き

■NPO 法人アイススポーツ鳥取の呼びかけ記事
http://npo-ist.com/2017/05/tottori-iceskatelink/
(観覧ユーザー数 約4600 人 / SNS からの誘導による観覧ユーザー数 約3500 人)

■鳥取県スケート連盟 Facebookでの呼びかけ
https://www.facebook.com/tottori.skate/
(情報表示ユーザー数 約19000 人 / シェアによる関連記事 約600 件)

■無良崇人選手 Twitter
https://twitter.com/takahito3211

■本田武史さん Twitter
https://twitter.com/TakeshiHonda81
(両名のリツイート記事数 合計で約3100 件)

上記記事以外にも、多数のTwitter拡散元記事が確認されていますので、もっと大きな広がりになっていると思われます。

今回の県内外からの多くの皆様の声が、さらに広がり、鳥取のスケートリンク建設への流れに繋がる事を期待します。

引き続き、全国の皆様の応援をどうぞ宜しくお願いいたします。

今後の鳥取市民体育館の建て替えに関する動きを注視し、また当サイトでもお伝えしたいと思います。

【感謝・継続お願い:5月19日まで】改築予定の鳥取市民体育館についての意見募集

2017/05/14   //   お知らせ

無良崇人選手鳥取市が予定している「鳥取市民体育館建替えでのスケートリンク複合案」に関して、鳥取県スケート連盟登録フィギュアスケーターの無良崇人選手、そしてプロフィギュアスケーターの本田武史さん、その他のスケート関係者の皆様、そして全国の沢山のスケートファンの方々などがTwitterやFacebookなどのSNSを通じて、情報共有や様々な意見を発信してくださっており、大変感謝しております。

【お願い:5月19日まで】改築予定の鳥取市民体育館についての意見募集 >>

無良崇人選手のTwitter >>

本田武史さんのTwitter >>

全国からネットを通じて、こんなにも多くの声とご協力を頂けるとは思っておらず、アイススケートの人気は、鳥取が考えている以上に盛り上がっているのだと驚いています。

希望あるエールと意見の数々、本当にありがとうございます。

 

鳥取県スケート連盟 Facebookより転載

「鳥取市民体育館の改築に関する意見のお願い」にご協力いただきまして、本当にありがとうございます。

また、全国の多くのスケートファンの皆さんをはじめ、無良崇人選手、本田武史さんほかスケート関係者の方々にもSNSなどを通じて情報を発信、共有していただいておりますことにも、重ねて御礼申し上げます。

■無良崇人選手のTwitter
https://twitter.com/takahito3211/

■本田武史さんのTwitter
https://twitter.com/TakeshiHonda81/

■NPOアイススポーツ鳥取より皆様への感謝と継続お願い
http://npo-ist.com/2017/05/tottori-iceskatelink-02/

意見募集の締め切りは、5月19日(金)までとなっています。

県外の方など、鳥取市のサイトへの意見を出しにくいという方がおられましたら、こちらのコメント欄にコメントしていただいても構いません。
https://www.facebook.com/tottori.skate/posts/766854366819310

引き続きご協力よろしくお願いいたします。

無良崇人選手Twitter・本田武史さんTwitter

■ 県内の方々の希望の声

鳥取県内にスケートリンクがあった頃の思い出や、「スケートリンクできたら嬉しい!」といったスケートリンク復活への希望の声を目にして、スケートリンクが多くの方の大切な場所であったことを、あらためて強く感じています。

■ スケートリンクの大きな役目

そして一番多かったのが「スケート 楽しい!」という声かもしれません。

「今でもよく親子で岡山や兵庫のスケートリンクに遊びに行っています!」という県内の声や、「リンクが出来たら鳥取に遊びに行きたいです!」という県外の方の声など、スポーツだけでなく、一般の方々の娯楽としても、スケートリンクは大切な役目を果たしているのだと、あらためて強く感じています。

■ 鳥取のこどもたちに夢と希望を

本日はBSジャパンで、先日の「プリンスアイスワールド2017横浜」の放送がありました。

いつもの競技とは違う、エンターテインメントとしての華麗な世界。

本田武史さんをはじめとしたトップスケーターの皆さんとともに、無良崇人選手の笑顔がありました。

ひさしぶりに見る町田樹さんの素晴らしい演技がありました。

無良選手、町田さんが、鳥取で懸命に練習していた頃のことを思うと、出演していた沢山のキッズスケータ―の一生懸命な姿とも重なって、感慨深いものがありました。

そして荒川静香さんの華麗な演技。

荒川静香さんが10年前に鳥取でおこなってくださったトークショーのタイトルは、「鳥取のこどもたちに夢と希望を」。

全国の皆様から、鳥取のスケートリンク建設にこれだけのエールを頂き、荒川静香さんは10年経ってもなお、鳥取に夢を与え続けてくださっているのだと感じています。

■ 意見募集は5月19日まで

鳥取市が改築予定の鳥取市民体育館の「鳥取市民体育館再整備基本構想(案)」について、皆様のご意見を募集しています。

体育館の建て替え案の中に、スケートリンクの複合化を含めた意見も出ています。

フィギュア、スピード、アイスホッケー選手の練習環境の確保、市民の憩いの場としてより良い施設となるよう、スケートリンク複合化についてのメリットなど、この案に皆様から良いご意見・ご希望をお願いいたします。

鳥取リッチランドや米子YSPのスケートリンクがあった頃には、鳥取でもスケートを楽しまれた方が沢山いらっしゃると思います。

今は鳥取を離れているけれど、親戚やお友達の方が鳥取にいらっしゃるという方々も、周りに意見のお願いをしてみていただけるようであれば、是非ご協力をお願いいたします。

詳しい意見募集方法は鳥取市のホームページ記事をご覧ください。
鳥取市への意見の送り先はコチラ >>

ページ:1234567...15»