メディア・動画

【メディア情報】10月8日生中継:グランプリシリーズ参加 無良崇人選手 記者会見 CSテレ朝チャンネル2

2017/10/02   //   メディア・動画, 無良崇人

10月8日に開催されるフィギュアスケートのグランプリシリーズ参加選手の記者会見が、テレビ朝日「CSテレ朝チャンネル2」にて生中継されることが発表されました。

GPカナダ(10月27日~29日)、GPアメリカ(11月24日~26日)に出場する鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ所属)も、記者会見に参加予定です。

◇放送局 CSテレ朝チャンネル2
◇放送時間 10月8日(日)午後1時~1時45分
◇出席予定
<選手>宇野昌磨、田中刑事、無良崇人、宮原知子、樋口新葉、三原舞依、本田真凜、本郷理華
<解説>織田信成
<司会>角澤照治(テレビ朝日アナウンサー)
(敬称略)

記者会見の番組情報はコチラ >>

記者会見後に、グランプリシリーズに向けたトレーニングの為に渡米予定の無良選手。

日程的に、残念ながら鳥取県大会には不参加となりますが、グランプリシリーズでの勇姿に期待したいと思います。

フィギュアスケート・グランプリシリーズ2017は、テレビ朝日系で放送予定です。

フィギュアスケート・グランプリシリーズ2017 ホームページ >>

【競技結果】無良崇人 7位:フィギュアスケート男子:2017USインターナショナルクラシック

2017年9月15日~16日に、フィギュアスケートのUSインターナショナルクラシックが、米国・ソルトレークシティーで開催され、日本からは鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が友野一希選手とともに出場。

SPで5位と出遅れた無良崇人選手は、フリーでもジャンプミス連発から127.94点、合計205.38点で7位にとどまりました。

昨年は2位と相性の良かった試合だけに、残念なスタートとなりましたが、GPシリーズに向けてまだ再調整が間に合う時期。

再調整に向けて頑張ってほしいと思います。

■USインターナショナルクラシック・談話(デイリースポーツより抜粋)

演じるのは3季前にも使用した「オペラ座の怪人」。冒頭の4回転サルコーが2回転になると、続く4回転トーループこそ決めて見せたが、演技後半は次々にジャンプが抜けた。「初戦で意気込みすぎて、力が入ってしまった。完全に緊張している感じだった」

平昌五輪シーズン初戦を飾ることはできなかったが、「グランプリシリーズまでに練習し直したい」と雪辱を誓った。

順位 名前 SP FS 合計
1位 ネイサン・チェン 91.80(1) 183.24(1) 275.04
2位 マックス・アーロン 86.06(2) 175.50(2) 261.56
3位 リアム・フィルス 83.46(3) 164.83(3) 248.29
4位 ヤロスラフ・パニオット 77.20(6) 155.96(4) 233.16
5位 友野一希 69.88(8) 155.42(5) 225.30
6位 ティモシー・ドレンスキー 78.75(4) 136.19(6) 214.94
7位 無良崇人 77.44(5) 127.94(8) 205.38
8位 ショーン・ラビット 68.60(9) 135.86(7) 204.46
9位 ミハル・ブレジナ 75.78(7) 118.17(11) 193.95
10位 ダニエル・サモーヒン 64.74(11) 126.46(9) 191.20
11位 ベネ・トマン 66.96(10) 121.35(10) 188.31
12位 ジョーダン・ドッズ 51.19(13) 101.51(12) 152.70
13位 アンドリュー・ドッズ 58.44(12) 84.80(13) 143.24
14位 チーシェン・チャン 36.40(14) 78.28(14) 114.68

日本海新聞2017.9.16

日本海新聞2017.9.17

【追記:8月23日TV放送】山陰中央テレビ TSKみんなのニュース「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」

2017年8月23日(水)の山陰中央テレビ「TSKみんなのニュース」(16時50分~19時00分) にて「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」と題して、鳥取県スケート連盟所属の無良崇人選手の特集が放送されます。

これは、8月11日(金)に岡山県国際スケートリンクにて開催された「NPO法人アイススポーツ鳥取主催:夏のスケート教室」の際にTV取材されたもの。

無良崇人選手のインタビューに交え、スケート教室の模様も放送されると思いますので、山陰地方にお住まいの方は是非ご覧ください。

【2017年8月23日夜 追記】

TSKみんなのニュースの無良崇人選手の特集「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」、無事に放送されました。

スケート教室で無良選手が教えている様子、無良選手の平昌オリンピックに向けての意気込みを語ったインタビューに加え、無良選手の経歴や過去の試合映像、父 隆志コーチの紹介や鳥取県スケート連盟所属になったいきさつなど、無良選手の魅力をじっくりと紹介。

先日の無良選手が参加したスケート教室の愉しそうな模様や、無良選手のデモンストレーション、ジャンプの様子もしっかりと放送されていました。

参加者インタビューや、無良選手への応援メッセージなどを見ていても、子どもから大人まで、今回の参加者の方々の嬉しそうな様子がご覧頂けたかと思います。

また、スケート教室で参加者の皆さんが上手に滑る事ができるようになっている様子も、お分かり頂けたのではないでしょうか?

無良選手の今シーズンスタートまであと僅か。

無良選手への応援、どうぞ宜しくお願いいたします!

無良崇人選手:今シーズンの出場予定

チャレンジシリーズ USインターナショナル(9月13日~17日)
グランプリシーズン カナダ(10月27日~29日)
グランプリシリーズ アメリカ(11月24日~26日)
全日本選手権(12月20日~24日)

山陰中央テレビ TSKみんなのニュース「来年冬の平昌五輪へ無良選手が出場へ決意」(2017年8月23日)

インタビュー内容

– スケート教室について

すごい沢山来ていただいて、
意外と滑れる方が多くてビックリなんですけど。

自分の競技とはまた違って、
新たに、教える事で発見する事というのもあるので。

– 前回ソチオリンピックを逃した経験から

前回(4年前)の時に自分の気持ちをコントロールできなかった時があったので、
そういう経験をいかして、
しっかり一つ一つの試合に
落ち着いて臨めるようにしたいというふうに思います。

– 平昌オリンピックに向けて

オリンピックっていう舞台っていうのが、
ある意味、現役としての憧れの場であるっていうことは確かだと思うので、
その上を目指していくっていう気持ちを持ってさえいれば、
逆に守りにはいらなければ大丈夫かなと思います。

【メディア情報】無良崇人選手 今期フリープログラムは「オペラ座の怪人」

2017/07/08   //   メディア・動画, 無良崇人

朝日新聞 2017年7月7日
(朝日新聞 2017年7月7日)

朝日新聞デジタル版では動画も視聴可能 >>

無良崇人選手の今期フリープログラム曲が「オペラ座の怪人」であることが発表されました。

「オペラ座の怪人」と言えば、洋菓子のヒロタ所属・鳥取県スケート連盟の登録選手となった3シーズン前2014カナダGPで優勝した時と同じ曲。

父である無良隆志コーチと「鳥取からオリンピックに」を目標にかかげてから3年。

洋菓子のヒロタさんをはじめとしたスポンサーの方々や、無良選手のスケート活動を支える多くの支援者の方々、そして多くのファンの期待もつまったこの3年。

ついにやってきた韓国平昌オリンピックへの選考シーズンだけに、無良選手の今シーズンにかける想いがひしひしと伝わってきます。

振付は2014年ソチ五輪アイスダンス金メダルのチャーリー・ホワイト氏、そして衣装はコシノヒロコさんの次女の小篠ゆまさんが担当。

平昌オリンピックの出場枠は3枠。

無良崇人選手の大きな挑戦に向けて、鳥取のスポーツ関係者、スケートファン、そして全国からも多くの皆様の応援をお願いいたします!

【広報誌発行】鳥取県スケート連盟・鳥取県アイスホッケー連盟情報誌「Let’s アイスポ No.9」

レッツアイスポ No.9 鳥取県スケート連盟・鳥取県アイスホッケー連盟情報誌

6月17日にNPO法人アイススポーツ鳥取の総会が終わり、今年も鳥取県スケート連盟、鳥取県アイスホッケー連盟情報誌『Let’s アイスポ』No.9(NPO法人アイススポーツ鳥取発行)の配布が始まりました。

今回も鳥取県立図書館をはじめ、県内各施設に置いていただいています。

無良崇人選手の情報やスケートリンク建設に向けた動き、夏休みスケート教室の情報、その他フィギュア、スピード、アイスホッケーの大会結果などを掲載しています。

TAKE FREEです。
是非ご覧ください!

レッツアイスポ No.9 鳥取県スケート連盟・鳥取県アイスホッケー連盟情報誌

置いていただいている施設

鳥取県立図書館
コカ・コーラウエストスポーツパーク陸上競技場
鳥取県民体育館
鳥取産業体育館
倉吉体育文化会館
米子産業体育館
鳥取県立武道館
皆生市民プール ほか

【感謝:募集終了】多くのご意見ありがとうございました~改築予定の鳥取市民体育館についての意見募集

2017/05/20   //   お知らせ, メディア・動画

■ 大変多くの反響に感謝いたします

鳥取市民体育館の建て替えに伴い、鳥取市が5 月19 日まで「鳥取市民体育館再整備基本構想(案)」について、市民からの意見が募集されました。

約1 週間前に、鳥取県スケート連盟のFacebookやNPO 法人アイススポーツ鳥取のホームページでも、鳥取市民体育館のスケートリンク複合案についての意見募集を呼びかけたところ、無良崇人選手、本田武史さん、多くのスケート関係者を始め、鳥取市民や県内外のスケートファンの方々など、非常に多くの皆様がSNS などを通じてインターネットで情報共有して呼びかけてくださったと同時に、様々な声をあげてくださいました。

鳥取のスケートリンク建設に対し、県内外から予想を遥かに超える反響を頂いている事に、この場を借りて深く感謝申し上げます。

鳥取市へも「スケートリンク建設希望の意見」が多数寄せられた事が確認されております。
(県外から寄せられた多くの意見も、きちんと参考意見として扱われるそうです。)

またスケート連盟に直接いただいたコメントやネット上に挙げられた沢山の声も、貴重な意見として、NPO法人アイススポーツ鳥取がまとめる事ができる範囲で無作為不特定な形で抽出し、鳥取市に参考資料として提出させていただきました。

■ テレビでも特集されました

また今回の流れは、県内でも注目を集め、鳥取県内のTVニュース(日本海テレビ:5月16日 / 山陰中央テレビ:5月18日:)でも特集され、無良選手のコメントも放送されました。

TVで放送されたことで、インターネット情報に触れる事が少ない方々にも、鳥取のスケートリンク建設に対して全国から多くのエールが送られている事が、鳥取県内に広く認知されたと思います。

■ 1週間のインターネット情報拡散の動き

■NPO 法人アイススポーツ鳥取の呼びかけ記事
http://npo-ist.com/2017/05/tottori-iceskatelink/
(観覧ユーザー数 約4600 人 / SNS からの誘導による観覧ユーザー数 約3500 人)

■鳥取県スケート連盟 Facebookでの呼びかけ
https://www.facebook.com/tottori.skate/
(情報表示ユーザー数 約19000 人 / シェアによる関連記事 約600 件)

■無良崇人選手 Twitter
https://twitter.com/takahito3211

■本田武史さん Twitter
https://twitter.com/TakeshiHonda81
(両名のリツイート記事数 合計で約3100 件)

上記記事以外にも、多数のTwitter拡散元記事が確認されていますので、もっと大きな広がりになっていると思われます。

今回の県内外からの多くの皆様の声が、さらに広がり、鳥取のスケートリンク建設への流れに繋がる事を期待します。

引き続き、全国の皆様の応援をどうぞ宜しくお願いいたします。

今後の鳥取市民体育館の建て替えに関する動きを注視し、また当サイトでもお伝えしたいと思います。

【競技結果】無良崇人 4位:2017冬季アジア札幌大会 フィギュアスケート男子

2017年2月19日~2月26日に北海道・札幌で開催された2017冬季アジア札幌大会 フィギュアスケート男子に、鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手(洋菓子のヒロタ)が出場しました。

ショートプログラム(曲:スペイン民謡 ファルーカ・チャーリー・ホワイト振付)でスピンとステップにミスはあったものジャンプはノーミスで90.32点とトップと2.54点差の4位となり、メダルに期待がかかった無良選手。

翌日のフリー(曲:ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番)では大きなミスなく滑り終え、172.99点(4位)・合計263.31点の4位と、惜しくも表彰台には届きませんでしたが、今年一番の滑りが見られた今大会に無良選手も「すっきりとした気持ちで来シーズンを迎えられる」と、来年の五輪へ向けて良い内容の大会となりました。

順位 選手 得点
1 宇野昌磨 日本 281.27
2 ボーヤン・ジン 中国 280.08
3 ハン・ヤン 中国 271.86
4 無良崇人 日本 263.31
5 ブレンダン・ケリー オーストラリア 237.37
6 ミーシャ・ジー ウズベキスタン 233.93
7 キム・ジンソ 韓国 228.67
8 ジュリアン志傑乙 マレーシア 222.69

【競技結果】ながの銀嶺国体 スピードスケート成年男子 2017年1月27日~31日

2017年1月27日(金)~31日(火)まで、第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」が開催されました。

第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」

開催期間:2017年1月27日(金)~31日(火)
開催場所:長野県ビッグハット 他
スピードスケート会場:長野県若里市民文化ホール

ながの銀嶺国体ホームページ >>

鳥取県からは唯一、スピードスケート成年男子の塚田悠選手(鳥取県スケート連盟)が出場。

塚田選手は、1月28日 500M予選、29日 1000M予選の2試合に出場しましたが、残念ながら予選で涙をのみました。

■スピードスケート

○ 塚田 悠:成年男子1000m 予選 2組 4位(45.86)
○ 塚田 悠:成年男子 500m 予選 5組 失格

・選手:塚田 悠(鳥取県スケート連盟)
・監督:山田 辰正(agent475.com)
・トレーナー:岡本哲彦(鳥取県スケート連盟)

■選手団

・団長:岩本章嗣(鳥取県スケート連盟 会長)
・総監督:後藤裕明(県体協専務理事)
・顧問:新 貞二(スポーツ振興監)
・総務:伊藤勇悟(県体協)
・総務:伊藤賢二(鳥取県スポーツ課)
・帯同ドクター:青木哲哉(赤碕診療所)

 

日本海新聞 2017年元旦 無良崇人 特集記事

日本海新聞の元旦4部 1・2面に鳥取県スケート連盟登録の無良崇人選手の特集が掲載されました。

今年もNPO法人アイススポーツ鳥取は、鳥取県でのアイススケートやアイスホッケーなどアイススポーツの普及推進、来年の平昌オリンピックに向けて挑戦する無良選手や鳥取県登録選手を応援していきますので、宜しくお願いします。

2017年元旦 日本海新聞 無良崇人特集記事


2017.01.01 日本海新聞

鳥取県スケート連盟 2017年賀状

【メディア】鳥取市議会本会議で深沢市長がスケートリンク整備に言及

2016年2月24日に鳥取市議会 本会議が開催され、山本延孝議員(新生)の「スケート場の整備」について質問に対し、深沢市長は、耐震化不足が指摘されている市民体育館の再整備方針を定める中で「合わせて検討を進めたい」と答弁されました。

2014年5月8日(木)に鳥取市スケートリンク検討委員会の報告書が深沢市長に提出されて以降、なかなか動きが見られませんでしたが、今回の市議会での具体的な発言は、次ステップへの大きなスタートとなると思います。

次回は3月4日の一般質問で、上杉議員(新生)がこの議題について質問されますので、ぜひ傍聴に足をお運びください。

20160225-nihonkai-01
日本海新聞 2016年2月25日

ページ:12345»